wiki:docs/developers-guide/base-knowledge/version-control

Version 5 (modified by yasumichi, 9 years ago) (diff)

--

Vine Linux ドキュメント / Vine Linux 開発者ガイド / パッケージ作成のための基礎知識 / SPEC ファイルのバージョン管理について

SPEC ファイルのバージョン管理について

FIXME: 他のセクションを参照する部分の修正、および 6.0 向けには branches を利用することを明記

Vine Linux 6.0 から、Subversionを利用してSPECファイルのバージョン管理を行っています。

管理されている SPEC ファイルは、リポジトリブラウザで確認することができます。(閲覧専用です。)

標準的な Subversion リポジトリに従って、branches,tags,trunk の 3 つのディレクトリを作成していますが、branches,tags の運用方法についてはまだ正式に決定されておらず、現在は trunk のみを利用しています。trunk ディレクトリの中は、まず、パッケージの頭文字一文字(大文字と小文字は区別する)で分類しています。それぞれのディレクトリの中に更にパッケージ名でディレクトリが作成され、各パッケージの SPEC ファイルが格納されています。

既存のパッケージをメンテナンスする場合

  1. セクション 5.1 - パッケージを作成・更新する前に
  2. SPECファイルのチェックアウト
    $ svn co http://trac.vinelinux.org/repos/projects/specs/trunk/頭文字/パッケージ名
    
  3. SPECファイルの修正
  4. パッケージのビルド
  5. セクション 5.3 - パッケージのテスト
  6. 修正のコミット
    $ svn ci
    
    ここでconflictが発生した場合は、他のメンテナと調整をしてください。
  7. セクション 5.4 - パッケージのアップロード
  8. セクション 5.5 - パッケージ作成・更新のアナウンス

新たにパッケージを作成した場合

  1. セクション 5.1 - パッケージを作成・更新する前に
  2. SPECファイルの作成
  3. パッケージのビルド
  4. セクション 5.3 - パッケージのテスト
  5. 作成したパッケージのSPECファイルのみが入ったディレクトリをローカルコンピュータに作成
  6. subversionリポジトリ上にそのパッケージ用のディレクトリを作成
    $ svn mkdir --parents http://trac.vinelinux.org/repos/projects/specs/trunk/頭文字/パッケージ名
    
  7. セクション 3.6 - SPECファイルのバージョン管理についてで作成したディレクトリに移動し、svnリポジトリにインポート
    $ svn import http://trac.vinelinux.org/repos/projects/specs/trunk/頭文字/パッケージ名
    
  8. セクション 5.4 - パッケージのアップロード
  9. セクション 5.5 - パッケージ作成・更新のアナウンス