wiki:TracIni

Version 1 (modified by trac, 12 years ago) (diff)

--

Trac 設定ファイル

Trac の設定は trac.ini 設定ファイルを設定することによって行います。設定ファイルは <projectenv>/conf/trac.ini にあります。

グローバルな設定

バージョン 0.9 から、Trac は グローバルな trac.ini ファイルの設定を読み込むことができるようになりました。これらのグローバルオプションは、環境ごとに特別にオプションに組み込まれ、同じオプションを指定した場合、ローカルのオプションがグローバルなオプションを上書きします。

グローバル設定ファイルは、通常 $prefix/share/trac/conf/trac.ini にあります。この設定ファイルは、他の場所に移すこともできます (例えば、 /etc/trac.ini) しかし、設定を変更するには Trac をインストールするときに生成される trac/siteconfig.py ファイルを変更する必要があります。

リファレンス

これは現在利用できる設定オプションの簡単なリファレンスです。

[account-manager]

account_changes_notify_addressesList of email addresses that get notified of user changes, ie, new user, password change and delete user.
allow_delete_accountAllow users to delete their own account.
cookie_refresh_pctPersistent sessions randomly get a new session cookie ID with likelihood in percent per work hour given here (zero equals to never) to decrease vulnerability of long-lasting sessions.
db_htdigest_realmRealm to select relevant htdigest db entries
db_htpasswd_hash_typeDefault hash type of new/updated passwords
environ_auth_overwriteWhether environment variable REMOTE_USER should get overwritten after processing login form input. Otherwise it will only be set, if unset at the time of authentication.
force_passwd_changeForce the user to change password when it's reset.
hash_method
htdigest_filePath relative to Trac environment or full host machine path to password file
htdigest_realmRealm to select relevant htdigest file entries
htpasswd_filePath relative to Trac environment or full host machine path to password file
htpasswd_hash_typeDefault hash type of new/updated passwords
login_opt_listSet to True, to switch login page style showing alternative actions in a single listing together.
mantis_databaseDatabase URI for the mantis database to auth against
password_formatLegacy option, deprecated since acct_mgr-0.1.2
password_storeOrdered list of password stores, queried in turn.
persistent_sessionsAllow the user to be remembered across sessions without needing to re-authenticate. This is, user checks a "Remember Me" checkbox and, next time he visits the site, he'll be remembered.
refresh_passwdRe-set passwords on successful authentication. This is most useful to move users to a new password store or enforce new store configuration (i.e. changed hash type), but should be disabled/unset otherwise.
register_checkOrdered list of IAccountRegistrationInspector's to use for registration checks.
sql_auth_tableName of the SQL table with authentication data. Trac should have access to it.
sql_read_onlyIs SQL table with authentication data read-only?
username_char_blacklistAlways exclude some special characters from usernames. This is enforced upon new user registration.
verify_emailVerify the email address of Trac users.

[attachment]

max_sizeチケットと Wiki の添付ファイルの最大サイズをバイト数で 指定します。
render_unsafe_content添付ファイルをブラウザ上に表示するか、 単にダウンロード可能にしておくかどうかを設定します。 ブラウザがほとんどのファイルを HTML として解釈することがあるため、 悪意のあるユーザにクロスサイトスクリプティング攻撃を可能にするファイル の添付を許すことになります。 誰でもファイルを添付できるような公開サイトでは、このオプションを無効に 設定しておくことを推奨します (デフォルトは、無効に設定されています)。

[browser]

color_scaleage 列に色付けされます。 ソースコード注釈と同じカラースケールが使用されます: 青が古く、赤が新しいものを指します。 (0.11 以降)
downloadable_pathsダウンロード可能なリポジトリのパスをリストします。 このオプションに何も設定しない場合、全てのダウンロードを禁止されます。 部分的に許可する場合は、カンマ区切りでダウンロードを許可するパスを設定します (パスには "*" をワイルドカードとして扱うような glob パターンを使用できます) (0.10 以降)
hide_propertiesカンマ区切りでバージョン管理の属性を設定すると、その属性は リポジトリブラウザで表示されなくなります。 (0.9 以降)
intermediate_color(r,g,b) の 3 色で指定します。この色は中間を指す 色として、 2 色の間のカラースケールとして使用されます (intermediate_point 参照)。 intermediate color をセットしない場合、 oldest_colornewest_color の中間の色が使用されます。 (0.11 以降)
intermediate_point0 から 1 (最大) の間で値を設定します。 この値は intermediate_color に設定したポイントへの補間に 使用されます。 (0.11 以降)
newest_color(r,g,b) の 3 色で指定します。この色は新しいものを指す 色として 注釈 (blame) や、 color_scale が有効に設定されていれば ブラウザの age 列のカラースケールに使用されます。 (0.11 以降)
oldest_color(r,g,b) の 3 色で指定します。この色は古いものを指す 色として 注釈 (blame) や、 color_scale が有効に設定されていれば ブラウザの age 列のカラースケールに使用されます。 (0.11 以降)
oneliner_propertiesカンマ区切りでバージョン管理の属性を設定すると、その属性は リポジトリブラウザ上で 1 行スタイルの Wiki コンテンツとして表示されます。 (0.11 以降)
render_unsafe_contentファイルをブラウザ上に表示するか、単にダウンロード可能にしておくか を設定します。 この設定を有効にすると、ブラウザがほとんどのファイルを HTML として解釈 するため、悪意のあるユーザにクロスサイトスクリプティング攻撃を含む ファイルの作成を許すことになります。 誰でもファイルをチェックインできるような公開リポジトリでは、 このオプションを無効に設定しておくことを推奨します (デフォルトは無効に設定されています)。
wiki_propertiesカンマ区切りでバージョン管理の属性を設定すると、その属性は リポジトリブラウザ上で Wiki コンテンツとして表示されます。 (0.11 以降)

[changeset]

max_diff_bytes更新したファイル (旧ファイルのサイズと新ファイルのサイズを足したもの) のサイズの最大をバイト単位で指定します。チェンジセットビューの diff で 直接表示するサイズを制限します (0.10 以降)。
max_diff_filesチェンジセットビューの diff で直接表示する 更新ファイルの最大数を設定します。(0.10 以降)。
wiki_format_messagesWiki フォーマットをチェンジセットのログメッセージに適用するかどうかを設定します。 このオプションが無効になっている場合、チェンジセットのログメッセージは 整形済みテキストとして表示されます。

[header_logo]

altヘッダロゴに使用する alt テキストを設定します。
heightヘッダロゴの高さを pixel で設定します。
linkヘッダロゴがリンクする URL を設定します。
srcヘッダロゴに使用するイメージファイルの URL を設定します。 絶対パス、サーバー上の相対パスまたは、一般的な相対パスが使用できます。 相対パスの場合、一つはロケーション /chrome からの相対パスにします: your-logo.pngTracEnvironmenthtdocs に位置するならば、 site/your-logo.png を設定します: your-logo.pnghtdocs_location URL に マッピングされたフォルダに位置しているならば、 common/your-logo.png を設定します。 単に your-logo.png と指定した場合は、後者の設定と同等になります。
widthヘッダロゴの幅を pixel で設定します。

[inherit]

plugins_dir共有するプラグインをおくディレクトリ のパスを指定します。 このディレクトリに配置されたプラグインは、 Environemnt の plugins ディレクトリのプラグインに加えて、 優先してロードされます。 (0.11 以降)
templates_dir共有するテンプレートディレクトリ のパスを指定します。 指定したパスは環境の templates ディレクトリに加えてロードされますが、 templates ディレクトリが優先となります。 (0.11 以降)

[logging]

log_filelog_typefile のときのログファイルへのパスを設定します。 相対パスは TracEnvironmentlog ディレクトリ"からの相対パスとして 解決します。
log_formatログのフォーマットをカスタマイズします。 デフォルトでは以下のフォーマットが使用されます : Trac[$(module)s] $(levelname)s: $(message)s Python のロガーライブラリがサポートしている標準のキー ( http://docs.python.org/library/logging.html 参照) に加えて、以下のキーを使用することができます: - $(path)s 現在の環境へのパス - $(basename)s 現在の環境のパスの一番最後の部分 - $(project)s プロジェクト名 %(...)s を使用すると ConfigParser が解釈し展開してしまうので、 代わりに $(...)s を使用して下さい。 例: ($(thread)d) Trac[$(basename)s:$(module)s] $(levelname)s: $(message)s (0.10.5 以降)
log_levelログレベルを設定します。 値は (CRITICAL, ERROR, WARN, INFO, DEBUG) の、どれかでなければなりません。
log_type出力するログの種類を設定します。 値は (none, file, stderr, syslog, winlog) の、どれかでなければなりません。

[milestone]

stats_providerITicketGroupStatsProvider を implement するコンポーネントの名前を設定します。 マイルストーンビューの表示で使用する、チケットのグループでの統計情報を収集する ために使用されます。

[mimeviewer]

max_preview_sizeHTML プレビューでのファイルの最大サイズを設定します。 (0.9 以降)
mime_map追加の MIME タイプとキーワードのマッピングのリストを設定します。 マッピングリストはそれぞれの MIME タイプごとにカンマ区切りで指定します。 MIME タイプと関連するキーワードもしくはファイルの拡張子をコロン (":") 区切りで記述します。 (0.10 以降)
pygments_default_stylePygments でのシンタックスハイライトでデフォルトで使われるスタイルを設定します。
pygments_modesPygments が処理できるMIME タイプを追加します。 それぞれのエントリは mimetype:mode:quality というタプルで 設定しなければなりません。 mimetype には MIME タイプを、 mode には変換に使用する Pygments のモードを、 quality には変換に関連する quality ratio を 設定します。 quality で設定した値で、 Pygments のデフォルトの quality ratio を上書きします。
tab_widthファイルをプレビューするときのタブの表示幅を設定します。 (0.9 以降)
treat_as_binaryバイナリデータとして取り扱う MIME タイプをカンマ区切りのリストで 設定します。 (0.11.5 以降)

[notification]

admit_domainsメールアドレスとして有効とするドメインをカンマ区切りで設定します。 (localdomain など)
always_notify_ownerチケットの担当者 (owner) に常に通知メールを送信するかを設定します (0.9 以降) 。
always_notify_reporter報告者 (reporter) フィールドにあるアドレスに常に通知メールを 送信するかを設定します。
always_notify_updaterチケット属性が変更された場合に、それまでの全ての変更を行った人に、 常に通知メールを送信するかを設定します。
ambiguous_char_width幅の曖昧な文字 (例えば、'single' や 'double') が 通知メールのテーブルに使えるようになりました。 'single' の場合、US-ASCII 文字と同じ文字幅です。これは、 ほとんどのユーザーから要求されています。 'double' の場合、US-ASCII 文字の2倍の文字幅となります。これは、 CJK ユーザーから要求されています。(0.12.2 以降)
email_senderIEmailSender を実装しているコンポーネント名を設定します。 ここに設定されたコンポーネントを使って通知システムはメールを送信します。 現在のところ Trac では SMTP サーバに接続する SmtpEmailSender と、 sendmail 互換の実行可能ファイルを実行する SendmailEmailSender が提供されています。 (0.12 以降)
ignore_domainsメールアドレスの一部として有効としないドメインをカンマ区切りで設定します。 (ユーザ名に Kerberos ドメインが付いている場合などの対策)
mime_encodingメールのエンコード方法を設定します。 有効なオプションとして、Base64 エンコーディングの 'base64', Quoted-Printable の 'qp', すべての文字が ASCII の場合は 7bit で、 そうでない場合には適切な 8bit で送信する 'none' があります。 (0.10 以降)。
sendmail_pathsendmail 実行可能ファイルへのパスを設定します。 sendmail プログラムは -i および -f オプションを解釈できる必要が あります。 (0.12 以降)
smtp_always_bcc常に通知メールを送るメールアドレスを設定します。 設定したアドレスを受信者は見ることができません(Bcc:)。(0.10 以降 )。
smtp_always_cc常に通知メールを送るメールアドレスを設定します。 設定したアドレスは、すべての受信者がみることができます (Cc:)。
smtp_default_domainアドレスにホスト名/ドメインが指定されていなかったときに、付与する 文字列を設定します。
smtp_enabledメール通知を有効にするかどうかを設定します。
smtp_from通知メールに使用する送信者アドレスを設定します。
smtp_from_name通知メールに使用する送信者名を設定します。
smtp_passwordSMTP サーバの認証パスワードを設定します (0.9 以降)。
smtp_portメール通知で使用する SMTP サーバのポート番号を設定します。
smtp_replyto通知メールに使用する返信アドレスを設定します。
smtp_serverメール通知で使用する SMTP サーバのホスト名を設定します。
smtp_subject_prefix通知メールの件名の頭に追加するプレフィックスを設定します。 オプションが定義されていない場合、[$project_name] (訳注: trac.ini の project セクションの name) が設定されます。 プレフィックスが必要ない場合は、オプションに空の値を設定することで、 無効化できます (0.10.1 以降)。
smtp_userSMTP サーバの認証ユーザ名を設定します (0.9 以降)。
ticket_subject_template通知の件名 (Subject) に使用する Genshi のテキストテンプレートの一部を設定します。 デフォルトでは件名のテンプレートは $prefix #$ticket.id: $summary です。 $prefix の箇所は smtp_subject_prefix オプションの値で置き換えられます。 (0.11 以降)
use_public_cc通知メールの受信者が、 CC された他の受信者のメールアドレスを見ることができるかを設定します。 このオプションが無効になっている場合 (デフォルト)、受信者のメールアドレスは BCC フィールドに設定されます (0.10 以降)。
use_short_addrホスト名やドメインがないメールアドレスを許容するかを設定します (ユーザ名のみの場合など)。 SMTP サーバはホスト名やドメインがないメールアドレスも受け入れるべきで、 FQDN を追加するか、ローカル配送を使うべきです (0.10 以降)。
use_tlsメール通知に SSL/TLS を使用するかどうかを設定します (0.10 以降)。

[project]

adminプロジェクトの管理者のメールアドレスを設定します。
admin_trac_urlこの Trac で発生したエラーを報告する先の Trac インスタンスの ベース URL を設定します。 絶対 URL, 相対 URL, およびこの Trac インスタンスを指す '.' が 指定可能です。空白値を指定すると報告ボタンが表示されなくなります。 (0.11.3 以降)
descrプロジェクトの概要を設定します。
footerページのフッタに表示するテキストを指定します (右詰めで表示されます)。
iconプロジェクトのアイコンの URL を指定します。
nameプロジェクトの名前を設定します。
urlプロジェクトのメインとなる ウェブサイトの URL を設定します。 通常、 base_url が示す ウェブサイトを指定します。この設定は通知メールで使用されます。

[query]

default_anonymous_query認証されていないユーザへのデフォルトのクエリ。このクエリは クエリ言語 のシンタックスか、 query:Trac リンク でも使われる ? で始まる URL クエリ文字列で記述します (0.11.2 以降)。
default_query認証されたユーザへのデフォルトのクエリ。このクエリは クエリ言語 のシンタックスか、 query:Trac リンク でも使われる ? で始まる URL クエリ文字列で記述します (0.11.2 以降)。
items_per_pageカスタムクエリの検索結果で 1 ページあたり表示するチケット数の デフォルト値 (0.11 以降)
ticketlink_queryチケットの属性値からのリンクを生成する際に使用されるベースとなるクエリ。 このクエリは query: Trac リンク でも使われる ? で始まる URL クエリ文字列で記述します。 (0.12 以降)

[report]

items_per_pageレポートの検索結果ページで 1 ページに表示するチケット数の デフォルト値 (0.11 以降)
items_per_page_rssレポートの RSS フィードに掲載するチケット数 (0.11 以降)

[revisionlog]

default_log_limitTracRevisionLog での最大表示数のデフォルト値 (0.11 以降)。

[roadmap]

stats_providerITicketGroupStatsProvider を implement するコンポーネントの名前を設定します。 ロードマップビューの表示で使用する、チケットのグループでの統計情報を収集する ために使用されます。

[search]

default_disabled_filters検索ページでデフォルトで無効化の対象とする検索フィルタを 設定します。ここに設定した値はクイックサーチの機能でも適用 されます。デフォルトで定義されているフィルタ名は: Wiki, チケット, マイルストーン, チェンジセット (英語版では wiki, ticket, milestone, changeset) です。 プラグインの場合、ISearchSource インターフェースの実装による get_search_filters() メソッドの戻り値であるタプルの第1項目 を探します。無効化した検索フィルタは、検索ページ上で、 ユーザの操作によって再度有効にすることができます。 (0.12 以降)
min_query_length検索を実行するときに許容するクエリ文字列の最短の長さを設定します。

[sqlite]

extensionsSQLite 拡張へのパスを Trac Environment からの相対パスか、 絶対パスで設定します。 (0.12 以降)

[svn]

branchesブランチとして分類するパスのカンマ区切りリスト。 パスが '*' で終わっている場合、そのパスに含まれる全ての ディレクトリエントリが含まれます。 例: /trunk, /branches/*, /projectAlpha/trunk, /sandbox/*
tagsタグとして分類するパスのカンマ区切りリスト。 パスが '*' で終わっている場合、そのパスに含まれる全ての ディレクトリエントリが含まれます。 例: /tags/*, /projectAlpha/tags/A-1.0, /projectAlpha/tags/A-v1.1

[ticket]

default_cc新規登録チケットにデフォルトで設定する関係者リスト。
default_component新規登録チケットにデフォルトで設定するコンポーネント。
default_description新規登録チケットにデフォルトで設定する説明。
default_keywords新規登録チケットにデフォルトで設定するキーワード。
default_milestone新規登録チケットにデフォルトで設定するマイルストーン。
default_owner新規登録チケットにデフォルトで設定する担当者。
default_priority新規登録チケットにデフォルトで設定する優先度。
default_resolutionチケットを解決にする (閉じる) ときに、デフォルトで設定する解決方法 (0.11 以降)。
default_severity新規登録チケットにデフォルトで設定する重要度。
default_summary新規登録チケットにデフォルトで設定する概要 (タイトル)。
default_type新規登録チケットにデフォルトで設定するチケット分類 (0.9 以降)。
default_version新規登録チケットにデフォルトで設定するバージョン。
max_comment_sizeチケットのコメント (comment) の最大サイズを設定します (0.11.2 以降)。
max_description_sizeチケットの記述 (description) の最大サイズを設定します (0.11 以降)。
preserve_newlinesWiki フォーマッタが Wiki テキスト中の改行を文字を考慮するかを 設定します。 'default' に設定されている場合、新規作成した Environment では 'yes' と同じ意味になりますが、 アップグレードした Environemnt では、以前のふるまいを踏襲します ('no' に相当) (0.11 以降)。
restrict_ownerチケットの担当者のフィールドでドロップダウンメニューを使用するかを設定します。 このオプションを有効にする前に、性能への影響について理解しておいて ください。 担当者をドロップダウンリストにする を参照して下さい 表示されたドロップダウンメニューでメールアドレスが分かりにくくなら ないようにして下さい。また、メールアドレスが保護されている必要があ る場合には、このオプションを使用すべきではりません。 (0.9 以降)。
workflowチケットのアクションに使用するワークフローコントローラを順にリスト形式で設定します。 (0.11 以降)。

[timeline]

abbreviated_messagesWikiFormatting で書かれたメッセージを切り詰めるかどうかを設定します。 このオプションは default のレンダリングでのみ有効です。 特定のイベントプロバイダによって、 設定が上書きされることがあります。詳しくは、イベントプロバイダのドキュメントを参照して下さい (0.11 以降)。
changeset_collapse_events全く同じログメッセージで、同一編集者による連続したチェンジセットを 1 つのイベントとして扱います。 この場合、ログビューでは範囲を持つチェンジセットとしてリンクされます。 (0.11 以降)
changeset_long_messagesWiki フォーマットのチェンジセットのログメッセージを複数行表示するかどうかを設定します。 このオプションが設定されないか、 false である場合、かつ wiki_format_messages が true に設定されている場合、チェンジセットのログメッセージは、1 行のみ 表示され、いくつかのフォーマット (中点 (bullet points) など) は無視されます。
changeset_show_filesタイムラインに表示するファイル数を設定します (-1: 無制限, 0: 表示しない)。 また、変更のあったファイルに共通するプレフィックスを 位置 として 表示します (0.11 以降)。
default_daysbackタイムラインに表示する日数にデフォルト値を設定します (0.9 以降)。
max_daysbackタイムラインで表示可能な日数の最大値 (-1 は無制限を意味する) (0.11 以降)。
newticket_formatter新規登録チケットの記述 (description) を表示するときに使用する フォーマッタの flavor (例えば 'html' や 'oneliner')を設定します。 'oneliner' を設定した場合、 [timeline] の abbreviated_messages オプションが適用されます (0.11 以降)。
ticket_show_detailsタイムラインにオープン/クローズだけでなく、すべてのチケットの変更を 表示するかを設定します (0.9 以降)。

[trac]

auth_cookie_lifetimeLifetime of the authentication cookie, in seconds. This value determines how long the browser will cache authentication information, and therefore, after how much inactivity a user will have to log in again. The default value of 0 makes the cookie expire at the end of the browsing session. (since 0.12)
auth_cookie_pathPath for the authentication cookie. Set this to the common base path of several Trac instances if you want them to share the cookie. (since 0.12)
authz_fileSubversion の  認証 (authz) ファイル へのパスを設定します。 authz ファイルによるパーミッションチェックを 有効にするには、 [trac] permission_policiesAuthzSourcePolicy を追加する必要があります。
authz_module_nameデフォルトリポジトリの authz_file で使用しているモジュールの プレフィックスを設定します。空の場合、グローバルセクションが使用されます。
auto_preview_timeout自動的に wiki のプレビューが更新される際の無応答に対するタイムアウト値を秒数で 指定します。このオプションは小数点を含む数値を指定することができます。 小さい値を設定した際は、サーバへより多くのリクエストが発生します。 このプレビューの自動更新を無効にするには、 0 を設定して下さい。デフォルト値は 2.0 秒です。 (0.12 以降)
auto_reload変更があった後、テンプレートファイルを自動的に再読込するかを設定します。
backup_dirデータベースのバックアップ作成位置を設定します。
base_urlTrac がデプロイされている URL を設定します。 ドキュメントを生成するときに使用される base URL です。 Web でブラウズできるコンテキスト外で利用されます。たとえば、 通知メールで Trac のリソースを指す URL を挿入する場合 などです。
check_auth_ipWhether the IP address of the user should be checked for authentication (since 0.9).
databaseこのプロジェクトのデータベースに接続する 文字列 を設定します。
debug_sqlDEBUG レベルのログとして SQL クエリを出力します。 (0.11.5 以降)
default_handlerベース URL へのリクエストを処理するコンポーネント名を設定します。 オプションには TimelineModule, RoadmapModule, BrowserModule, QueryModule, ReportModule, TicketModule, WikiModule などが 使用できます。デフォルトは WikiModule です。 (0.9 以降)
default_languageユーザ設定がない場合に使用するデフォルトの言語を指定します。 (0.12.1 以降)
default_timezoneデフォルトのタイムゾーンを指定します。
genshi_cache_sizeテンプレートローダーがメモリ内にキャッシュできるテンプレートの最大値 です。デフォルト値は 128 です。あなたのサイトがとても多くのテンプレートを使用している場合、 そしてあなたが十分なメモリを割くことができるならば、 より大きい値を選択したいかもしれません。もしメモリに余裕がなければ、値を小さくすることが できます。
htdocs_location/chrome/common/ 配下の静的なリソースを提供するための ベース URL を指定します。 空のままにしておくこともできます。この場合、 Trac はただ単にこれらの リソースをそのまま提供します。 アドバンスドユーザーはこのオプションを trac-admin ... deploy <deploydir> と共に使用することで、 Trac の静的リソースをウェブサーバーから直接提供するようにすることができます。 しかし、このオプションは <deploydir>/htdocs/common にのみ 適用可能であることを覚えていて下さい。デプロイされたその他のリソース ( 例 plugins ディレクトリのリソース ) はこの方法を使用することはできません。追加でウェブサーバーに リライトルールを設定する必要があります。
ignore_auth_caseWhether login names should be converted to lower case (since 0.9).
mainnavナビゲーションバーの mainnav に表示する項目の順序を ID のリストで設定します。詳しくは TracNavigation を参照してください。
metanavナビゲーションバーの metanav に表示する項目の順序を ID のリストで設定します。詳しくは TracNavigation を参照してください。
mysqldump_pathMySQL データベースバックエンドをバックアップするために使用する mysqldump のパスを設定します
never_obfuscate_mailtoWiki に記載されたあいまいな mailto: をリンクから除外します。 この設定は show_email_addresses や EMAIL_VIEW パーミッションの 設定に優先します (0.11.6 以降)。
permission_policiesIPermissionPolicy を実装するコンポーネントのリストを設定します。設定されている 順に適用されます。これらのコンポーネントは、 Trac リソースへの細かい アクセスコントロールを行います。 デフォルトは DefaultPermissionPolicy (0.11 より前のふるまい) と LegacyAttachmentPolicy (ATTACHMENT_* パーミッションをレルム固有にパーミッションに マップします) です。
permission_storeIPermissionStore を実装しているコンポーネント名を設定します。 ユーザとグループのパーミッションの管理のために使用されます。
pg_dump_pathPostgres データベースバックエンドをバックアップするために使用する pg_dump のパスを設定します
repository_dirデフォルトのリポジトリへのパスを指定します。相対パスを使用できます (0.11 以降)。 このオプションは将来廃止予定です。リポジトリは repositories セクションにて定義されるか Web アドミンの "リポジトリ" パネルで使用されます (0.12 以降)
repository_sync_per_requestページリクエスト毎に同期処理を行なうリポジトリ のリスト。 このオプションは、すべてのリポジトリの post-commit フックで、 trac-admin $ENV changeset added を呼んでいるならば空に設定して下さい。 ( 推奨 ) そうでなければ、カンマ区切りでリポジトリの名前を 設定して下さい。 Note: この設定は、性能にマイナスの影響を与えます。 そして、 changeset リスナがここで指定したリポジトリからのイベントの受信することを 妨げます。後方互換性を保つためにデフォルト値はデフォルトに設定したリポジトリを 設定しています。 (0.12 以降)
repository_typeリポジトリの種類を指定します。 (0.10 以降) このオプションは、 TracIni#repositories-section repositories に 定義されているデフォルトのリポジトリの種類として使用されるか Web アドミンの "リポジトリ" パネルで使用されます。 (0.12 以降)
request_filtersすべてのリクエストに適用するフィルタの適用順を設定します (0.10 以降)。
resizable_textareas<textarea> フィールドのサイズ変更を可能にします。. JavaScript が必要です。 (0.12 以降)
secure_cookiesCookie を HTTPS 接続で使用します。 True に設定された場合、すべての Cookie に secure フラグを付与 することで、 HTTPS 接続でサーバに送信されるようにします。このオ プションは Trac への接続に HTTPS が使える場合だけ、使用するようにしてください。 (since 0.11.2 以降)
show_email_addressesユーザ名の代わりにメールアドレスを表示します。 false の場合、 メールアドレスはわかりづらくなります (0.11 以降)。
show_ip_addressesリソース (Wiki など) を編集した IP アドレスを表示します (0.11.3 以降)。
timeoutデータベース接続のタイムアウト秒数を設定します。 '0' を指定すると、 タイムアウトなし になります。 (0.11 以降)
use_base_url_for_redirect[trac] base_url をリダイレクトにも使用するか設定します。 Trac を HTTP プロキシの背後で動作させる設定下では、 自動ではアクセスに使用された URL を再構成できないため、 このオプションを使って、強制的に base_url の設定先にリダイレクトするよう Trac を設定する必要があります。この使用で制限事項が追加されます。 その Environment はリダイレクト先として使用される URL からアクセスしないと 使いづらくなります。 (0.10.5 以降)

[versioncontrol]

allowed_repository_dir_prefixesリポジトリの管理パネルにリポジトリを追加または編集を行なう際に 許容するリポジトリのディレクトリのプレフィックスのカンマ区切りのリストです。 リストが空の場合、すべてのリポジトリのディレクトリが許容されます。 (0.12.1 以降)

[wiki]

ignore_missing_pages存在しないページへの CamelCase リンクをハイライトするかどうかを設定します (0.9 以降).
max_sizeWiki ページで許容する最大のページサイズを設定します。 (0.11.2 以降)
render_unsafe_content<script><embed> のようなセキュリティ上安全とはいえない HTML タグを HTML Wiki プロセッサ で使用可能にするかどうかを設定します。 (0.10.4 以降). 誰でも Wiki を編集できるような公開サイトでは、このオプションを無効に 設定しておくことを推奨します。 (デフォルトは、無効に設定されています)。
safe_schemes"安全" だとみなす URI スキームのリストです。 [wiki] render_unsafe_content の設定が false であったとしても、これらのスキームは外部リンクとしてレンダリングされます (0.11.8 以降)
split_page_namesスペースで WikiPageNames を区切るのを可能にするかどうかを設定します (0.10 以降).

[components]

(0.9 以降)

このセクションは Trac 本体も含めて、プラグインによって提供されるコンポーネントの使用不使用を設定するために使います。使用できる / できないコンポーネントはオプションの名前を通じて特定されます。コンポーネントが使用できるかどうかはオプションの値によって決定されます; コンポーネントを使用できるようにするために、値を enabled または on に設定してください。他の値 (一般的には disabled または off) の場合、コンポーネントは使用できません。

オプションの名前はコンポーネントの完全な名前、もしくは、コンポーネントの中のモジュール / パッケージのプレフィックスとなっています。前者は 特定のコンポーネントの使用 / 不使用 を設定し、後者は特定のパッケージ / モジュールの中のコンポーネントの使用 / 不使用を設定します。

以下の設定ファイルの抜粋を見てください:

[components]
trac.ticket.report.ReportModule = disabled
webadmin.* = enabled

最初のオプションは レポートモジュール を使用しないように Trac を設定しています。二つ目のオプションは webadmin パッケージのすべてのコンポーネントを使用できるように設定しています。末尾のワイルドカードはマッチするモジュール / パッケージを一度に設定します。

利用可能なコンポーネントの一覧がほしい場合、 Trac についてPlugins ページを参照してください。 (CONFIG_VIEW パーミッション が必要となります。)

See also: TracPlugins

 r2335 (バージョンでは 0.9b1, 0.9b2) までの Trac では、このセクションの代わりに [disabled_components] セクションを使用してください。このページの  以前のバージョン に詳細が書かれています。


See also: TracGuide, TracAdmin, TracEnvironment