Changes between Version 6 and Version 7 of Packages/cups/capt


Ignore:
Timestamp:
2012/04/22 07:16:08 (10 years ago)
Author:
tomop
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Packages/cups/capt

    v6 v7  
    44 
    55 === 概要 === 
    6  ドライバパッケージのインストール以外のコマンドラインでの作業がいくつかあり、設定ミスの元となるため自動化するスクリプトを用意しました。 
     6ドライバパッケージのインストール以外のコマンドラインでの作業がいくつかあり、設定ミスの元となるため自動化するスクリプトを用意しました。 
    77 
    88 [attachment:capt.sh] 
    99 
    10  このスクリプトは、以下の処理を行います。 
     10このスクリプトは、以下の処理を行います。 
    1111 * ccpd起動スクリプトのchkconfig対応、自動起動化 
    1212 * CUPSへのプリンタ追加 
     
    1414 
    1515 === 使用法 === 
    16  ドライバパッケージをインストールした直後の状態で、ターミナルにてcapt.shをダウンロードしたディレクトリへ移動し、以下のコマンドを実行します。 
     16ドライバパッケージをインストールした直後の状態で、ターミナルにてcapt.shをダウンロードしたディレクトリへ移動し、以下のコマンドを実行します。 
    1717{{{ 
    1818$ sudo sh capt.sh モデル名 デバイス名 
     
    2323 例えばUSB接続の1番目のプリンタでは"/dev/usb/lp0"となります。 
    2424 
     25zenityがインストールされている環境にてモデル名・デバイス名ともに省略すると、モデル・デバイスを一覧から選択できます。 
     26 
     27使用法、利用可能モデル・デバイス一覧を見るには以下。 
     28{{{ 
     29$ sudo sh capt.sh -h 
     30usage: capt.sh <MODEL> <DEVICE> 
     31 
     32Available models: 
     33LBP1120 LBP1210 LBP3000 LBP3100 LBP3200 LBP3210 LBP3300 LBP3310 LBP3500 LBP3600 LBP5000 LBP5050 LBP5100 LBP5300 LBP6200 LBP6300 LBP7010C LBP7200C LBP9100C 
     34 
     35Available devices: 
     36}}} 
     37 
    2538 === 実行例 === 
    26  正常に終了すると以下のような表示になります。 
     39正常に終了すると以下のような表示になります。 
    2740{{{ 
    2841$ sudo sh capt.sh LBP5100 /dev/usb/lp0