Changes between Initial Version and Version 1 of LegacyNetwork


Ignore:
Timestamp:
2009/08/25 05:35:05 (13 years ago)
Author:
daisuke
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • LegacyNetwork

    v1 v1  
     1= 従来のネットワーク設定 = 
     2 
     3/etc/init.d/network で起動される従来のネットワーク起動スクリプトです。 
     4Vine Linux 4.2 まではこちらの方式のみが利用可能でした。 
     5 
     6/etc/sysconfig/network-scripts/ 以下に配置されている、ifcfg-eth0 など 
     7のネットワークデバイス単位にネットワークの設定情報が記述されており、 
     8これに基づいて /etc/init.d/network スクリプトがインタフェースの up/down 
     9を行っていました。 
     10 
     11Vine Linux 5 においても NetworkManager を止めて、かわりにこちらを有効 
     12にすることで従来とほぼ同じ動作に戻すことができます。 
     13 
     14== /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethXX == 
     15 
     16以下はIPアドレスをスタティックに設定した場合の一例: 
     17{{{ 
     18DEVICE=eth0 
     19BOOTPROTO=none 
     20HWADDR=XX:XX:XX:XX:XX:XX 
     21ONBOOT=yes 
     22IPADDR=192.168.1.10 
     23NETMASK=255.255.255.0 
     24GATEWAY=192.168.1.1 
     25DNS1=192.168.1.1 
     26DNS2=192.168.1.2 
     27DOMAIN='example.com' 
     28TYPE=Ethernet 
     29NM_CONTROLLED=yes 
     30IPV6INIT=no 
     31USERCTL=no 
     32}}} 
     33 
     34DNS1,DNS2 および DOMAIN は resolv.conf を生成するために必要なパラメータで、 
     35従来の方式を利用した場合もこちらに記載するのが現在の方法となっています。 
     36 
     37NM_CONTROLLED パラメータは NetworkManager 動作時に、 
     38このデバイス設定を読み込んでネットワークを起動させるもので、 
     39従来の方法では無視されます。