wiki:BTSHouseKeeping

バグトラッキングシステム(BTS)のハウスキーピングについて

目的

BTS に登録されたバグレポートのうち、リプライが全く無いままにかなりの期間が経過したものや、途中まで議論されたものの、その後誰からも反応が無いまま放置されているもの等が散見されている。

このままでは全体の見通しが悪く、新しいレポートや要対応なバグを見過ごしたり、新たなレポートの登録を遠ざける要因になりかねないため、一定のルールを設けて古くなったバグレポートを処理できるようにする。

レポートの有効期限

バグレポートの状態に応じて以下の期日を有効期限とし、この期日を越えたらバグレポートを処理する。

Vine Linux BTS (VineLinux)

  • 新規(リプライ無し)
    登録から一年経過した時点で却下とする。
  • 新規(リプライ有り)
    最後のリプライから3ヶ月たった時点で却下とする。
  • 確認待ち
    確認待ちになってからリプライが無いまま3ヶ月たった時点で完了とする。
  • 割り当て済み
    (何か期限を設ける?)
  • 上記以外
    特に有効期限を設けない。

Vine Linux への要望 (wishes)

  • 新規のレポート
    登録から一年、もしくは最後のリプライから一年経過した時点で却下とする。
  • パッケージ作成者待ち
    (何か期限を設ける?)
  • 割り当て済み
    (何か期限を設ける?)
  • 上記以外
    特に有効期限を設けない。

状態に関係なく共通

  • 対象の Vine リリースが EOL になった時点で完了とする。

レポートに対する返信メッセージのひな形

最初の報告からリプライが無いまま一年以上過ぎましたので、
バグレポートの有効期限 http://trac.vinelinux.org/wiki/BTSHouseKeeping 
に従い、却下として閉じておきます。

なお、必要に応じてこのレポートを再度オープンすることもできますので、
その後の状況の変化や追加の情報等があれば、
引き続きこのレポートにリプライをお願いします。
確認待ちになってからリプライが無いまま3ヶ月が経過しましたので、
バグレポートの有効期限 http://trac.vinelinux.org/wiki/BTSHouseKeeping 
に従い、状態を「完了」とします。
何かありましたら、こちらへご投稿下さい。