Changes between Version 3 and Version 4 of publishingVLMag


Ignore:
Timestamp:
2011/05/12 02:31:56 (10 years ago)
Author:
tanakanata
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • publishingVLMag

    v3 v4  
    1 # このページは書きかけです。2011年 5 月 11 日 
    2  
    31= Vine Linux Magazine の書き方とアップロード = 
    42 
    5 Vine Linux Magazine(vlmag) は Subversion で管理されています。執筆の前に subversion をインストールしてください 
     3Vine Linux Magazine(vlmag)の作成には !VineSeed Trac/BTS  account が必要です 
    64 
    7 == リポジトリのチェックアウト == 
     5== Subversion == 
     6Vine Linux Magazine(vlmag) は Subversion で管理されています。執筆の前に subversion パッケージをインストールしておいてください。[[br]] 
     7Subversion に関しては NET 上に豊富に情報があります。 
    88 
    99Subversion では「コピー・修正・マージ」の手順で操作します。 
    1010 
    11  1. 自 PC に作業用ディレクトリを作成 
    12  2. 作業用ディレクトリでチェックアウトして自 PC にリポジトリをコピー 
    13  3.  
     11 1. 作業用ディレクトリでチェックアウトして自 PC にリポジトリをコピー 
     12 2. 自 PC 上で原稿を作成/修正 
     13 3. 完成/修正した原稿をリポジトリに反映=マージ 
    1414 
    15  公開ページ:: 
    16  http://vinelinux.org/vlmagazine/  
    17  リポジトリブラウザ:: 
    18  http://trac.vinelinux.org/browser/projects/web/trunk/vlmagazine 
     15=== チェックアウトしてリポジトリをコピー === 
     16 
     17 1. 自 PC にチェックアウト用のディレクトリを作成します。ここでは ~/vlmag を作成したとします。 
     18 
     19 $ mkdir ~/vlmag 
     20 
     21 2. Subversion で Vine Linux サイトのリポジトリをチェックアウトします。 
     22 
     23 $ cd ~/vlmag[[br]] 
     24 $ svn co !http://trac.vinelinux.org/repos/projects/web/trunk 
     25 
     26 Vine のサーバのコピーが自 PC に取り込まれます。 
     27 
     28vlmag 執筆者にとって関連するファイルは以下のものです。 
     29 
     30{{{ 
     31|-- Makefile 
     32|-- css 
     33|   |-- dlwin.css 
     34|   |-- docs.css 
     35|   `-- layout.css 
     36`-- vlmagazine 
     37    |-- yyyymmdd.dat 
     38    `-- images 
     39        `-- yyyymmdd-*.{png,jpeg,etc.} 
     40}}} 
    1941 
    2042== 記事の書き方 == 
    21 [http://trac.vinelinux.org/browser/projects/web/trunk/vlmagazine リポジトリブラウザ]を見てください。[[br]] 
    22 並んでいる yyyymmdd.dat が今まで出版された記事です。 
    23 [[br]]画像はまとめて images 以下にあります。一部の画像はサブディレクトリにまとめられています。必要に応じてこのようにサブディレクトリを掘っても良いでしょう。 
     43作成するのは以下のファイルです。 
    2444 
    25 使えるタグ、書式規則とも基本的に通常の HTML と変わりません。 
     45 * trunk/vlmagazine/yyyymmdd.dat(HTMLの元になる記事本文) 
     46 * trunk/vlmagazine/yyyymmdd-*.{png,jpeg,etc.}(HTML にリンクする画像) 
     47 
     48適当な yymmdd.dat をコピーして雛形として作業を始めます。 
     49一通り書き上がったら trunk/ をカレントとして 
     50 
     51$ make  
     52 
     53すると、yyyymmdd.dat から yyyymmdd.html が生成されます。 
     54 
     55「html ls: /home/ftp/pub/Vine/VineSeed/pool/*.rpm にアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません 
     56rpmq: 問い合わせのための引数が指定されていません。」というような警告がいくつか出ますが、無視してかまいません。[[br]] 
     57生成されたのは確認用の HTML です。エディタで開いて css のリンク PATH を以下のように修正してブラウザで確認してください。 
     58 
     59  <link href="../css/layout.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="screen,tv,print" /> 
     60 
     61'''css には変更は加えないでください。'''[[br]] 
     62新しい style 定義が必要なときは、!VineSeed-ML or 開発者 IRC で依頼するか、許可を得てください。 
     63 
     64一部の画像はサブディレクトリにまとめられています。必要に応じて自分の記事用にサブディレクトリを掘ってまとめても良いでしょう。 
     65 
     66使えるタグ、書式規則とも、冒頭の一部を除き通常の HTML と変わりません。<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "!http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> と言われてわかる方はそういう風に書いてください。 
     67使い慣れた HTML エディタなどがある方はそれで書いて <body> と </body> に挟まれた部分を貼り付けるようにしても良いでしょう。 
     68 
     69確認用の HTML を再生成するときには 
     70 
     71$ make clean && make 
     72 
     73してください。 
    2674 
    2775 
    28  
    29  
    30  
    31  
     76 vlmag 公開ページ:: 
     77 http://vinelinux.org/vlmagazine/  
     78 vlmag リポジトリ(リポジトリブラウザ)::  
     79 http://trac.vinelinux.org/browser/projects/web/trunk/vlmagazine