wiki:maintenance/package_verup

Version 5 (modified by yasumichi, 12 years ago) (diff)

--

【草稿】パッケージバージョンアップポリシー

core

  • 原則としてパッチによる対応とし、Version up はしない。
  • 著しくパッチの管理が困難、またはupstreamのメンテナンスに問題がある場合、API/ABI 完全互換である 場合に限って minor version up 可能。 ただし、承認プロセスをへる必要がある。

main

  • lib 系
    • 原則としてパッチによる対応とし、Version up はしない。
    • ABI/API 完全互換である場合は、bugfix/enhancement も可能。 ただし、承認プロセスをへる必要がある。
  • server 系
    • 原則としては、API, ABI 設定ファイルなどを含め完全な互換がない限りは version up はしない
    • 変更点を把握した上でユーザに迷惑がかからないことが確認できた場合は、BUGFIX/ENHANCEMENT としてバージョンアップも可能。 ただし、承認プロセスをへる必要がある。
  • user application 系
    • BUGFIX or ENHANCEMENT としてバージョンアップも容認する
    • 但し、ユーザのデータ、使用状態に問題がおこらない範囲とする。

plus

  • API/ABI 互換である場合には Version up 可能 (基本的には従来通り)
  • 上記以外の場合は、
    • 依存されていないか、依存されているものが全て自分がメンテナである場合は version up 可能。
    • 依存されているものを全て対応できるが、自分がメンテナじゃないものが含まれている場合は要相談。

extras

  • 依存をこわさない限り可能。ただし、継続メンテナンスする場合は plus へ昇格させることが望ましい(従来通り)

nonfree

  • plus に従う
  • self-build
    • 原則としては、so name の変更がある version up はしない!