wiki:docs/making-rpm/othertag

Version 1 (modified by yasumichi, 8 years ago) (diff)

--

Vine Linux ドキュメント / RPM パッケージの作成方法 / SPEC ファイルで使用できる便利なタグ

SPEC ファイルで使用できる便利なタグ

Prefix

このタグを使うと、 rpmパッケージをインストールする時にインストールディレクトリをコントロールできます。 例えば、

Prefix: /usr

としていて、ファイル定義部で

%files
/usr/bin/fuga

と定義してたとしましょう。このパッケージをインストールする時に、 --prefix /usr/local とオプション指定すると、 fuga は /usr/local/bin/fuga.bin にインストールされます。

BuildArch

書いた SPEC ファイルを使って生成されるrpmパッケージのアーキテクチャを指定できます。 例えば、el ファイルとかシェルスクリプトとかばかりを含む rpm パッケージを作るときには、 i386 や x86_64 などのアーキテクチャに依存しない noarch であることを、

BuildArch: noarch

というふうに明示します。 このような指定をしておくと noarch.rpm という拡張子のつく rpm パッケージが作成できて、いろいろなアーキテクチャ上で共用できます。

ExclusiveArch

SPEC ファイルや src.rpm パッケージから、パッケージを生成できるアーキテクチャーを指定します。 たとえば、ExclusiveArch: i386 とすると、i386 以外の ppc,i486,i586,i686,x86_64 といったアーキテクチャーではバイナリパッケージを生成できなくなります。

ExcludeArch

SPEC ファイルや src.rpmパッケージから、パッケージを生成 できない アーキテクチャーを指定します。 たとえば、ExcludeArch: ppc とすると、ppc ではバイナリパッケージを生成できなくなります。ppc 以外の i386,i486,i586,i686,x86_64 といったアーキテクチャーではバイナリパッケージを生成できます。