Changes between Version 5 and Version 6 of docs/making-rpm/make-spec


Ignore:
Timestamp:
2013/02/07 00:57:36 (8 years ago)
Author:
yasumichi
Comment:

オリジナルで囲み記事であった部分に Admonition を適用

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • docs/making-rpm/make-spec

    v5 v6  
    1414* パッケージの変更履歴 
    1515 
     16{{{ 
     17#!Admonition type=important 
    1618== SPEC ファイルの文字コード == 
    1719 
    1820SPEC ファイルの文字コードは UTF-8 にしてください。 
    19  
     21}}} 
     22 
     23{{{ 
     24#!Admonition 
    2025== マクロの定義 == 
    2126 
     
    2934 
    3035[wiki:../env-and-macro 標準で定義されているマクロ]も参照して下さい。 
     36}}} 
    3137 
    3238== パッケージ情報の記述 == 
     
    118124<, >, =, >=, <= といった演算子を使うとパッケージのバージョン、リリース番号を限定することもできます。 
    119125 
     126===== 例: ghostscriptのバージョン5.10がパッケージの動作に必要な場合 ===== 
     127 
     128{{{ 
     129#!sh 
     130Requires: ghostscript = 5.10 
     131}}} 
     132 
     133===== 例: gtk2-develのバージョン2.16.0以上がパッケージの作成に必要な場合 ===== 
     134 
     135{{{ 
     136#!sh 
     137BuildRequires: gtk2-devel >= 2.16.0 
     138}}} 
     139 
     140{{{ 
     141#!Admonition type=important 
     142=== 演算子の両側には必ずスペースやタブを入れてください。 === 
     143 
     144演算子の両側にスペースやタブを入れない場合、パッケージ名からバージョンまでが一つのパッケージ名として認識されてしまいます 
     145 
     146例えば、 
     147{{{ 
     148#!sh 
     149BuildRequires: gtk2-devel>=2.16.0 
     150}}} 
     151とすると「gtk2-devel>=2.16.0」というパッケージ名だと認識してしまいます。 
     152}}} 
     153 
    120154複数のパッケージが関係する場合は、カンマ(,)やスペースで区切って列挙したり、複数行に分けて記述できます。複数行に分ける場合は、各行にタグが必要です。 
    121155 
    122156パッケージがいくつかのグループに分類できる場合には、複数行に書いた方がわかりやすくなります。 
    123  
    124 ===== 例: ghostscriptのバージョン5.10がパッケージの動作に必要な場合 ===== 
    125  
    126 {{{ 
    127 #!sh 
    128 Requires: ghostscript = 5.10 
    129 }}} 
    130  
    131 ===== 例: gtk2-develのバージョン2.16.0以上がパッケージの作成に必要な場合 ===== 
    132  
    133 {{{ 
    134 #!sh 
    135 BuildRequires: gtk2-devel >= 2.16.0 
    136 }}} 
    137  
    138 ===== 演算子の両側には必ずスペースやタブを入れてください。 ===== 
    139  
    140 演算子の両側にスペースやタブを入れない場合、パッケージ名からバージョンまでが一つのパッケージ名として認識されてしまいます 
    141  
    142 例えば、 
    143 {{{ 
    144 #!sh 
    145 BuildRequires: gtk2-devel>=2.16.0 
    146 }}} 
    147 とすると「gtk2-devel>=2.16.0」というパッケージ名だと認識してしまいます。 
    148157 
    149158===== 例: 一行で記述する例 ===== 
     
    217226各セクションは、独立したbashスクリプトとして実行できるように記述します。 
    218227 
     228{{{ 
     229#!Admonition 
    219230==== rpmbuild時の内部の仕組み ==== 
    220231 
     
    222233 
    223234環境変数の詳細については、[wiki:../env-and-macro#環境変数 環境変数]を参照してください。 
     235}}} 
    224236 
    225237==== %prepセクション ==== 
     
    268280ここでの処理で必要となるパッケージ等は、!BuildRequires(build): で指定します。 
    269281 
    270 ===== ソースにconfigureスクリプトが用意されている場合 ===== 
     282{{{ 
     283#!Admonition 
     284==== ソースにconfigureスクリプトが用意されている場合 ==== 
    271285 
    272286autoconf 化されたソースなど make の前に 
     
    311325}}} 
    312326のように追加でオプションを指定できます。 
     327}}} 
    313328 
    314329==== %installセクション ==== 
     
    387402* ワイルドカードも使えます。(/usr/hoge/* など) 
    388403 
     404{{{ 
     405#!Admonition type=warning 
    389406rpm-3.0.5 以降では、man ファイルや info ファイルは自動的に gzip で圧縮されます。 %files に man や info のファイル名を書くときには拡張子 .gz をつけるのを忘れないようにしましょう。 
     407}}} 
    390408 
    391409==== タグを用いたファイル指定 ====