wiki:docs/making-rpm/glossary

Version 1 (modified by yasumichi, 8 years ago) (diff)

--

Vine Linux ドキュメント / RPM パッケージの作成方法 / 用語集

用語集

RPM Package Manager (RPM)
アプリケーションの安全なインストール、更新、削除などを目的とした強力なパッケージ管理システムです。
バイナリパッケージ
展開すれば、そのまま実行可能な状態でアプリケーションに必要な全てのファイルがアーカイブされています。
バイナリパッケージのファイル名は、name-version-release.arch.rpm という形式です。
ソースパッケージ (SRPM)
バイナリパッケージの作成に必要なソースやパッチ、SPEC ファイルがアーカイブされています。
ソースパッケージのファイル名は、name-version-release.src.rpm という形式です。
rpm -ivh hoge.src.rpm でパッケージ作成に必要なディレクトリの準備で解説するディレクトリに展開されます。
SPEC ファイル (SPEC)
ソースからパッケージを作成するための手順やパッケージの情報を記述するファイル。
SPEC ファイルのファイル名は、name.spec という形式です。
この文書では主に SPEC ファイルの書き方を説明します。
パッチファイル (パッチ)
オリジナルのソースに修正を加えるため、差分情報を記述したファイル。
ファイル名は、name.patch という形式です。