wiki:docs/making-rpm/directories

Version 1 (modified by yasumichi, 8 years ago) (diff)

--

Vine Linux ドキュメント / RPM パッケージの作成方法 / パッケージ作成に必要なディレクトリの準備

パッケージ作成に必要なディレクトリの準備

パッケージ作成に必要なディレクトリは、~/rpm に以下の名前で配置します。

名前 使用目的
BUILD パッケージ作成時にソースの展開や make を実行するための作業用ディレクトリです。
RPMS/arch作成されたバイナリパッケージ(*.rpm)が格納されます。対象となる architecture によって arch の部分が、i386・ppc などになります。なお、architecture に依存しないパッケージは、RPMS/noarch に格納されます。
SRPMS 作成されたソースパッケージ(*.srpm)が格納されます。
SPECS パッケージ作成の指示書であるSPECファイル(*.spec)を格納します。
SOURCES パッケージ化するアプリケーションのソースやパッチを格納します。

Vine Linuxをインストールしたままの状態であれば、上記のディレクトリも ~/rpm の中に用意されています。

以下、上記で説明したディレクトリを単に BUILD とか、SOURCES と呼びます。

必要なディレクトリが存在しない場合

もし必要なディレクトリが無い、または削除してしまった場合は、端末上で mkrpmdir コマンドを実行してください。

$ mkrpmdir ~

このコマンドにより ~/rpm 配下に必要なディレクトリを作成できます。

もし、mkrpmdir コマンドが見つからない場合は、vutils パッケージをインストールしてください。