Changes between Version 1 and Version 2 of docs/developers-guide/joinus/account


Ignore:
Timestamp:
2013/01/12 16:10:09 (8 years ago)
Author:
yasumichi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • docs/developers-guide/joinus/account

    v1 v2  
    22 
    33= 開発者アカウントの発行 = 
     4 
     5'''FIXME: 現状に合わせて修正''' 
     6 
     7あなたの開発意欲などを確認できましたら、Project Vineから開発者アカウントの発行を打診します。この際、以下の情報をメールにて送っていただきます。 
     8 
     9 アカウント名の候補:: 半角英数字の3〜16文字(先頭は半角英字)で3つ以上の候補を用意してください。 
     10 
     11 GnuPG公開鍵:: 公開鍵サーバへ登録済みのものをアスキー形式でエキスポートしてください。 
     12 送付いただいたGnuPG公開鍵は、vine-keyringパッケージを通じてVine Linuxディストリビューションに組み込まれます。 
     13 
     14 GnuPG公開鍵のFingerprint(電子指紋):: メールの署名に含めてください。WebページやBlogを公開している場合は、プロフィールなどに記載してください。 
     15 可能であれば、すでに鍵を登録されている他の開発者と会って、公開鍵に署名してもらってください。 
     16 
     17アカウントの登録が終わりましたら、作成したアカウント名とパスワードを返送します。このアカウントでVine Linux 開発者向け TracとBTSの編集が可能になります。 
     18必ずパスワードを変更してください 
     19 
     20発行されたパスワードをそのまま使い続けないでください。パスワードの変更は、Vine Linux 開発者向け Tracで行えます。 
     21 
     22Vine Linux 開発者向け Tracにログイン後、ユーザ設定のAccountページでパスワードを変更してください。 
     23 
     24== Trac及びBTSとは? == 
     25 
     26Vine Linux 開発者向け Tracは、Vine Linuxの開発に関する情報を整理するために使用されています。 
     27 
     28また、BTSは、Vine Linuxのバグや要望などを管理するためのシステムです。 
     29 
     30== オフラインミーティングに参加しませんか? == 
     31 
     32不定期ですが、Vine Linuxの開発者が主催するオフラインミーティングを行っています。これは、他の開発者と会う絶好の機会です。開発者用メーリングリストでアナウンスしますので是非参加してみてください。 
     33 
     34実は、GnuPG公開鍵があるだけでは「信頼」の担保はできません。それが本当に本人によって作成されたものであるか、証明する必要があります。GnuPG の認証局はどこにもありませんので、開発者同士が実際に会ってお互いの身分を確認し、お互いの公開鍵に署名しあう事で公開鍵の信頼性を高めます。 
     35 
     36もし、他の開発者から公開鍵に署名してもらいたい場合は、運転免許証やパスポートなどの写真付き公的身分証明書と自分のGnuPGの鍵指紋を印刷またはメモしたものを持参してください。 
     37 
     38== GnuPGとは == 
     39 
     40GnuPGとは、The GNU Privacy Guardの略でIETFが発行したRFC4880で定義されているOpenPGP規格のGNUプロジェクトによる実装です。データの暗号化と復号、データへの署名などを行う事ができます。 
     41 
     42GnuPGの作成方法などの詳細は、付録 A - gpgコマンドの使用方法や付録 B - GnuPGのGNOMEフロントエンドSeahorseの使い方を参照してください。