Changes between Initial Version and Version 1 of docs/developers-guide/developer-category/packager


Ignore:
Timestamp:
2013/01/12 07:59:46 (8 years ago)
Author:
yasumichi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • docs/developers-guide/developer-category/packager

    v1 v1  
     1[wiki:docs Vine Linux ドキュメント] / [wiki:../../ Vine Linux 開発者ガイド] / [wiki:../ Vine Linux開発への参加形態] / パッケージの作成・更新 
     2 
     3= パッケージの作成・更新 = 
     4 
     5Vine Linuxで採用しているアプリケーションの多くは、オープンソースソフトウェアやフリーソフトウェアなどと呼ばれ、コンパイルの必要があるソースファイルのまま配布されています。コンパイル済みのバイナリパッケージが配布されている場合でもメジャーなディストリビューション向けに調整されており、そのまま使えない事が多々あります。 
     6 
     7Vine Linuxでは、エンドユーザが簡単にインストールして使えるようにパッケージャと呼ばれる開発者が依存関係等を解決した上、コンパイルしたものをRPMパッケージと呼ばれる形式にしてaptリポジトリに登録します。エンドユーザは、apt-getコマンドやSynapticなどを利用して使いたいパッケージのインストールを要求すれば、そのパッケージに必要とされるパッケージも同時にインストールする事ができます。 
     8 
     9RPMパッケージの作成方法については、[wiki:docs/vl7/making-rpm RPMパッケージの作成方法]で細かく説明していますが、この文書では更にパッケージャとしてVine Linuxの開発に参加する具体的な方法について記述します。 
     10 
     11パッケージャとしてVine Linuxの開発に参加したい場合は、 
     12[wiki:../../joinus Vine Linuxの開発に参加するには]、 
     13[wiki:../../base-knowledge パッケージ作成のための基礎知識]、 
     14[wiki:../../build-environment パッケージ作成環境の構築]、 
     15[wiki:../../packaging-flow パッケージ作成から公開までの流れ] 
     16を読んでください。