wiki:desktop-file-utilsに関する情報

Version 12 (modified by kudoh, 11 years ago) (diff)

--

desktop-file-utils

spec を書く際に desktop file(.desktop)を操作する desktop-file-utils を使用する場合があります。
このページでは、 desktop-file-utils に関する情報を随時まとめていきたいと思います。

エラーが出るパッケージ

現在、 VinePlus VineSeed には、インストールの後(またはビルドの際)に error 或いは warning を発するパッケージが幾つか存在しています。それらのパッケージは使用可能ですが、今後はできる限り修正していきたいと思っています。まずはそれを見つけ次第リストアップします。

VinePlus?/6

VineSeed

Unity 用記述への対応

今のところ目にした数は多くありませんが、 Ubuntu のデスクトップ環境で採用されているデスクトップインターフェース(GUIシェル)である Unity 用の記述が desktop file に存在する場合があります。(今後数は増えるかも)

TargetEnvironment=Unity

上記のような記述が見えた場合、 Unity 用の記述となります。 Unity 以外では不要ですし error の元ですので、基本的には削除します。( desktop-file-install 或いは desktop-file-validate で引っかかったはず)

--- midori-0.4.0/data/midori_orig.desktop.in	2011-08-02 07:06:36.000000000 +0900
+++ midori-0.4.0/data/midori.desktop.in	2011-08-03 02:13:08.000000000 +0900
@@ -13,19 +13,3 @@
 X-Osso-Type=application/x-executable
 X-Osso-Service=midori
 X-Ayatana-Desktop-Shortcuts=TabNew;WindowNew;Private
-
-[TabNew Shortcut Group]
-Name=New _Tab
-Exec=midori -e TabNew
-TargetEnvironment=Unity
-
-[WindowNew Shortcut Group]
-Name=New _Window
-Exec=midori -e WindowNew
-TargetEnvironment=Unity
-
-[Private Shortcut Group]
-Name=New P_rivate Browsing Window
-Exec=midori --private
-TargetEnvironment=Unity
-

ここに挙げた diff の事例は、  midori の patch です。 Unity 関連の記述を削除しています。
また、デスクトップ環境によりエントリの表示/非表示を指定する "OnlyShowIn?" という項目があります。こちらにも以下のように Unity の指定がなされている場合があります。

OnlyShowIn=GNOME;Unity;

 freedesktop.org の規定によると、現在 Unity の指定はありますが、desktop-file-validate は error を返してきます(desktop-file-utils-0.18-1vl7)。将来的には問題なくなるかも知れませんが、今は sed などで事前に消すのがよいかと思います。

参考