Changes between Initial Version and Version 1 of WikiProcessors


Ignore:
Timestamp:
2007/12/16 04:44:37 (13 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • WikiProcessors

    v1 v1  
     1= Wiki プロセッサ = 
     2 
     3プロセッサは [TracWiki Trac Wiki エンジン] が、 Wiki 以外のフォーマットを提供するために設計された WikiMacros です。プロセッサは ''ユーザが編集したテキストを処理するマクロ機能'' と考えることができます。 
     4 
     5Trac 内の全ての Wiki テキストにおいて、 [wiki:WikiRestructuredText Restructured Text], [wiki:WikiHtml raw HTML] および [http://www.textism.com/tools/textile/ textile] をプロセッサとして使用することができます。 
     6 
     7== プロセッサを使用する == 
     8 
     9テキストブロックでプロセッサを使うには、 Wiki のコードブロックを使用し、プロセッサの名前を (Unix 系 OS のスクリプトのように) ''shebang 行'' (#!) に続いて指定します。 
     10 
     11'''例1''' (''Wiki テキストに 生 HTML を挿入する''): 
     12 
     13{{{ 
     14#!html 
     15<pre class="wiki">{{{ 
     16#!html 
     17&lt;h1 style="color: orange"&gt;これは生 HTML です&lt;/h1&gt; 
     18}}}</pre> 
     19}}} 
     20 
     21'''結果、このように表示されます:''' 
     22{{{ 
     23#!html 
     24<h1 style="color: orange">これは生 HTML です</h1> 
     25}}} 
     26 
     27---- 
     28 
     29'''例2''' (''Wiki テキストに !ReStructured テキストを挿入する''): 
     30 
     31{{{ 
     32#!html 
     33<pre class="wiki">{{{ 
     34#!rst 
     35見出し 
     36------ 
     37脚注 [*]_ 付きの **text** です。 
     38 
     39.. [*] ここは脚注。 
     40}}}</pre> 
     41}}} 
     42 
     43'''結果、このように表示されます:''' 
     44{{{ 
     45#!rst 
     46見出し 
     47------ 
     48脚注 [*]_ 付きの **text** です。 
     49 
     50.. [*] ここは脚注。 
     51}}} 
     52(訳注: !ReStructuredText は国際化が甘いので、使えないかもしれません) 
     53---- 
     54'''例3''' (''Wiki テキストに C 言語ソースコードブロックを挿入する''): 
     55 
     56{{{ 
     57#!html 
     58<pre class="wiki">{{{ 
     59#!c 
     60int main(int argc, char *argv[]) 
     61{ 
     62  printf("Hello World\n"); 
     63  return 0; 
     64} 
     65}}}</pre> 
     66}}} 
     67 
     68'''結果、このように表示されます:''' 
     69{{{ 
     70#!c 
     71int main(int argc, char *argv[]) 
     72{ 
     73  printf("Hello World\n"); 
     74  return 0; 
     75} 
     76}}} 
     77 
     78---- 
     79 
     80== プロセッサ一覧 == 
     81以下のプロセッサが Trac の配布に含まれています: 
     82 * '''html''' -- Wiki ページにカスタム HTML を挿入する。 WikiHtml を参照してください。 
     83 * '''rst''' -- Restructured テキスト を Trac で利用可能にする。 WikiRestructuredText を参照してください。 
     84 * '''textile''' -- [http://dealmeida.net/projects/textile/ Textile] をインストールすれば利用可能です。 [http://hobix.com/textile/ a Textile reference] を参照。 
     85 
     86上記の Textile のリンクは切れています。 [http://www.textism.com/tools/textile/ このサイト] は動いていて、試しに使ってみることが可能です。 
     87 
     88=== ソースコードの強調表示対応 === 
     89Trac では、以下のプログラミング言語でのインライン [wiki:TracSyntaxColoring シンタックスハイライト] を行うプロセッサが組み込まれています。 
     90 * '''c''' -- C 
     91 * '''cpp''' -- C++ 
     92 * '''python''' -- Python 
     93 * '''perl''' -- Perl 
     94 * '''ruby''' -- Ruby 
     95 * '''php''' -- PHP 
     96 * '''asp''' --- ASP 
     97 * '''sql''' -- SQL 
     98 * '''xml''' -- XML 
     99'''Note:''' ''Trac はシンタックスの色付けを、外部のソフトウェアパッケージに依存しています。詳しくは TracSyntaxColoring をご覧下さい。'' 
     100 
     101プロセッサとして mime-type が指定されると、ソースコードをブラウズするときと同じく、対応されている言語であれば、シンタックスハイライトを行うことができます。例えば、以下のように書くと: 
     102{{{ 
     103{{{ 
     104#!text/html 
     105<h1>text</h1> 
     106}}} 
     107}}} 
     108 
     109この結果はシンタックスハイライトされた HTML コードになります。対応している全ての mime-type でも、これは同じく有効です。 
     110 
     111 
     112ユーザによるプロセッサマクロの開発やコントリビュート: 
     113 * [http://trac.edgewall.org/wiki/ProcessorBazaar ProcessorBazaar] 
     114 * [http://trac.edgewall.org/wiki/MacroBazaar MacroBazaar] 
     115 
     116 
     117== 上級トピック: プロセッサマクロを開発する == 
     118プロセッサの開発は WikiMacros と違いはありません。事実、これらは同じような機能を持ち、シンタックスだけが異なります。詳しくは WikiMacros に記述します。 
     119 
     120'''例:''' (''Restructured テキストプロセッサ''): 
     121{{{ 
     122#!python 
     123from docutils.core import publish_string 
     124 
     125def execute(hdf, text, env): 
     126    html = publish_string(text, writer_name = 'html') 
     127    return html[html.find('<body>')+6:html.find('</body>')].strip() 
     128}}} 
     129 
     130---- 
     131See also: WikiMacros, WikiHtml, WikiRestructuredText, TracSyntaxColoring, WikiFormatting, TracGuide