Changes between Version 6 and Version 7 of VineSeed_x86_64_setup_kenta


Ignore:
Timestamp:
2007/12/25 15:48:35 (12 years ago)
Author:
kenta
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • VineSeed_x86_64_setup_kenta

    v6 v7  
    2525 
    2626 
    27  0. 最小環境での VineSeed 環境の作成 
     27== 準備:最小環境での VineSeed 環境の作成 == 
    2828Vine 4.1 を最小構成で install し、コンパクトな Vine の環境を構築。 
    2929但し、package の download が出来ないと困るので lftp、wget の2つは 
     
    3939 
    4040 
    41  2. kernel をインストールし再起動 
     41== 1. kernel をインストールし再起動 == 
    4242{{{ 
    4343# rpm -ihv --ignorearch stage0/kernel-2.6.16-0vl73.x86_64.rpm 
     
    4646 
    4747 
    48  
    49  3. glibc の入れ替え 
     48== 2. glibc の入れ替え == 
    5049{{{ 
    5150# rpm -Uhv --ignorearch stage1/glibc-* stage1/compat32-glibc-2.5-12vl3.i686.rpm stage1/tzdata-2007d-1vl1.noarch.rpm 
    5251}}} 
    5352 
    54  4. binutils の入れ替え 
     53== 3. binutils の入れ替え == 
    5554{{{ 
    5655# rpm -Uhv --ignorearch stage2/binutils-2.17.50.0.6-2vl3.x86_64.rpm 
    5756}}} 
    5857 
    59  5. rpm, apt とそれに必要なパッケージの入れ替え 
     58 
     59== 4. rpm, apt とそれに必要なパッケージの入れ替え == 
    6060{{{ 
    61 # rpm -Uhv --ignorearch --force stage3/* extras/* 
     61# rpm -Uhv --ignorearch --force stage3/* 
    6262}}} 
    6363 
     
    6767}}} 
    6868 
    69  7. i386 package の x86_64 package への置き換えの準備 
     69== 4. i386 package の x86_64 package への置き換え == 
     70 1. x86_64 パッケージ の無いものをあらかじめ削除しておきます。 
    7071{{{ 
    7172# rpm -e dump rmt kernel-module-ndiswrapper kernel-module-madwifi nss_ldap 
    7273}}} 
     74compat32-openldap が無いので nss_ldap も削除しておきます。 
    7375 
    74   x86_64 パッケージ の無いものをあらかじめ削除しておきます。 
    75   compat32-openldap が無いので nss_ldap も削除しておきます。 
    76  
    77  
    78  8. i386 package の x86_64 package への置き換えの準備 
     76 2. apt パッケージインデックスファイルの同期 
    7977{{{ 
    8078# apt-get update 
    8179}}} 
    82  
    8380インストール後、ここで初めて apt-get update します。 
    8481x86_64パッケージの apt をインストールする前に apt-get update 
     
    8784を消す必要があるようです。 
    8885 
    89  9. i386 package の x86_64 package への置き換え 
     86 3. console-tools.i386 を kbd.x86_64 への置き換え 
    9087{{{ 
    9188# apt-get reinstall kbd initscripts compat32-glib2 
    9289}}} 
     90console-tools.x86_64 パッケージが無いので、あらかじめ console-tools.i386 を kbd.x86_64 に入れ替えておきます。 
    9391 
    94 console-tools.i386 を kbd.x86_64 にあらかじめ入れ替えておきます。 
    95  
    96  
    97  10. i386 package の x86_64 package への置き換え 
     92 4. i386 package の x86_64 package への置き換え 
    9893{{{ 
    9994# apt-get reinstall \ 
     
    105100依存関係で必要となる compat32-* パッケージも追加で指定しておきます。 
    106101 
    107  11. 重複してインストールされている i386パッケージの削除 
     102 5. 重複してインストールされている i386パッケージの削除 
    108103{{{ 
    109104# rpm -e $(rpm -qa --qf '%{name}-%{version}-%{release}.%{arch}\n' | grep -v compat32- | grep i386) \ 
     
    114109依存関係を満たせない compat32-* パッケージもここで削除します。 
    115110 
    116  12. 完了 
     111== 5. 完了 == 
    117112{{{ 
    118113# apt-get upgrade 
     
    120115 
    121116 
    122  
    123 私が試した手順には入っていますが、手順  4 は必ずしも必要ないと思います。 
    124 手順 10 の compat32-glib2 はきっと不要ですね。 
    125  
    126  
     117= Appendix. インストールしたパッケージのリスト = 
    127118インストールに使用したパッケージは次の通りです。 
    128119stage* というディレクトリに分けてあらかじめ用意しています。