Changes between Version 4 and Version 5 of VineSeed_x86_64_setup_kenta


Ignore:
Timestamp:
2007/12/25 15:20:57 (12 years ago)
Author:
kenta
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • VineSeed_x86_64_setup_kenta

    v4 v5  
    2626 
    2727 0. 最小環境での VineSeed 環境の作成 
    28   Vine 4.1 を最小構成で install し、コンパクトな Vine の環境を構築。 
    29   但し、package の download が出来ないと困るので lftp、wget の2つは 
    30   追加で導入しておく。 
    31   私は、パッケージの選択画面で最小構成を選んでインストールしました。 
     28Vine 4.1 を最小構成で install し、コンパクトな Vine の環境を構築。 
     29但し、package の download が出来ないと困るので lftp、wget の2つは 
     30追加で導入しておく。 
     31私は、パッケージの選択画面で最小構成を選んでインストールしました。 
    3232[[Image(minimum-config.png)]] 
    33   この構成では binutils がインストールされないため、いわもとさんメモの 
    34   手順 5 mkinitrd の書き換えは不要です。 
    35  
     33この構成では binutils がインストールされないため、いわもとさんメモの 
     34手順 5 mkinitrd の書き換えは不要です。 
    3635 
    3736 1. 必要なパッケージをダウンロードしてアーカイブを展開 
    38   ファイルリストは末尾に添付します。 
    39   どこか置くところがあればアーカイブをお渡しします。 
     37ファイルリストは末尾に添付します。 
     38どこか置くところがあればアーカイブをお渡しします。 
    4039 
    4140 
    4241 2. kernel をインストールし再起動 
    43   # rpm -ihv --ignorearch stage0/kernel-2.6.16-0vl73.x86_64.rpm 
    44   # /sbin/reboot 
     42{{{ 
     43# rpm -ihv --ignorearch stage0/kernel-2.6.16-0vl73.x86_64.rpm 
     44# /sbin/reboot 
     45}}} 
     46 
    4547 
    4648 
    4749 3. glibc の入れ替え 
    48   # rpm -Uhv --ignorearch stage1/glibc-* stage1/compat32-glibc-2.5-12vl3.i686.rpm stage1/tzdata-2007d-1vl1.noarch.rpm 
    49  
     50{{{ 
     51# rpm -Uhv --ignorearch stage1/glibc-* stage1/compat32-glibc-2.5-12vl3.i686.rpm stage1/tzdata-2007d-1vl1.noarch.rpm 
     52}}} 
    5053 
    5154 4. binutils の入れ替え 
    52   # rpm -Uhv --ignorearch stage2/binutils-2.17.50.0.6-2vl3.x86_64.rpm 
    53  
     55{{{ 
     56# rpm -Uhv --ignorearch stage2/binutils-2.17.50.0.6-2vl3.x86_64.rpm 
     57}}} 
    5458 
    5559 5. rpm, apt とそれに必要なパッケージの入れ替え 
    56   # rpm -Uhv --ignorearch --force stage3/* extras/* 
    57  
     60{{{ 
     61# rpm -Uhv --ignorearch --force stage3/* extras/* 
     62}}} 
    5863 
    5964 6. /etc/rpm/platform の確認 
    60   # echo x86_64-redhat-linux > /etc/rpm/platform 
    61  
     65{{{ 
     66# echo x86_64-redhat-linux > /etc/rpm/platform 
     67}}} 
    6268 
    6369 7. i386 package の x86_64 package への置き換えの準備 
    64   # rpm -e dump rmt kernel-module-ndiswrapper kernel-module-madwifi nss_ldap 
     70{{{ 
     71# rpm -e dump rmt kernel-module-ndiswrapper kernel-module-madwifi nss_ldap 
     72}}} 
    6573 
    6674  x86_64 パッケージ の無いものをあらかじめ削除しておきます。 
     
    6977 
    7078 8. i386 package の x86_64 package への置き換えの準備 
    71   # apt-get update 
     79{{{ 
     80# apt-get update 
     81}}} 
    7282 
    73   インストール後、ここで初めて apt-get update します。 
    74   x86_64パッケージの apt をインストールする前に apt-get update 
    75   を実行していた場合は、 
    76      /var/cache/apt/pkgcache.bin 
    77   を消す必要があるようです。 
     83インストール後、ここで初めて apt-get update します。 
     84x86_64パッケージの apt をインストールする前に apt-get update 
     85を実行していた場合は、 
     86 /var/cache/apt/pkgcache.bin 
     87を消す必要があるようです。 
    7888 
    7989 9. i386 package の x86_64 package への置き換え 
    80   # apt-get reinstall kbd initscripts compat32-glib2 
     90{{{ 
     91# apt-get reinstall kbd initscripts compat32-glib2 
     92}}} 
    8193 
    82   console-tools.i386 を kbd.x86_64 にあらかじめ入れ替えておきます。 
     94console-tools.i386 を kbd.x86_64 にあらかじめ入れ替えておきます。 
    8395 
    8496 
    8597 10. i386 package の x86_64 package への置き換え 
    86    # apt-get reinstall $(rpm -qa --qf '%{name}.%{arch}\n' | grep -v compat32- | grep i386 | sed 's/\.i386//g' ) compat32-glib2 compat32-pam 
     98{{{ 
     99# apt-get reinstall $(rpm -qa --qf '%{name}.%{arch}\n' | grep -v compat32- | grep i386 | sed 's/\.i386//g' ) compat32-glib2 compat32-pam 
     100}}} 
    87101 
    88    compat32 パッケージ以外の i386 パッケージを reinstall します。 
    89    依存関係で必要となる compat32-* パッケージも追加で指定しておきます。 
    90  
     102compat32 パッケージ以外の i386 パッケージを reinstall します。 
     103依存関係で必要となる compat32-* パッケージも追加で指定しておきます。 
    91104 
    92105 11. 重複してインストールされている i386パッケージの削除 
    93    # rpm -e $(rpm -qa --qf '%{name}-%{version}-%{release}.%{arch}\n' | grep -v compat32- | grep i386) compat32-pam compat32-ncurses 
     106{{{ 
     107# rpm -e $(rpm -qa --qf '%{name}-%{version}-%{release}.%{arch}\n' | grep -v compat32- | grep i386) compat32-pam compat32-ncurses 
     108}}} 
    94109 
    95    一部 compat32-* パッケージが不足していて 
    96    依存関係を満たせない compat32-* パッケージもここで削除します。 
     110一部 compat32-* パッケージが不足していて 
     111依存関係を満たせない compat32-* パッケージもここで削除します。 
    97112 
    98113 12. 完了 
    99    # apt-get upgrade 
     114{{{ 
     115# apt-get upgrade 
     116}}} 
     117 
    100118 
    101119