Changes between Version 22 and Version 23 of VineSeed_x86_64_setup_kenta


Ignore:
Timestamp:
2007/12/27 10:34:47 (12 years ago)
Author:
kenta
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • VineSeed_x86_64_setup_kenta

    v22 v23  
    11= はじめに = 
    2 現在開発中の AMD64/EMT64 アーキテクチャ向け VineSeed (便宜上、以下 x86_64版 VineSeed と表記)のインストール方法をまとめたメモです。 
     2現在開発中の AMD64/EM64T アーキテクチャ向け VineSeed (便宜上、以下 x86_64版 VineSeed と表記)のインストール方法をまとめたメモです。 
    33 
    44x86_64版 VineSeed は現在のところインストーラが用意されていませんので、i386版 Vine-4.2 をインストールした環境から、手作業でいくつかのRPMパッケージをインストールして、x86_64版 VineSeed の環境を作る方法を取る必要があります。 
     
    1414 
    1515=== 最終更新 === 
    16 2007/12/26 
     162007/12/27 
    1717 
    1818= VineSeed x86_64環境の構築手順 = 
     
    9595}}} 
    9696 
    97 compat32-openldap が無いので nss_ldap.i386 も削除しておきます。 
     97 compat32-openldap が無いので nss_ldap.i386 も削除しておきます。 
    9898 
    9999 2. apt パッケージインデックスファイルの同期 
     
    101101# apt-get update 
    102102}}} 
    103 インストール後、ここで初めて apt-get update します。 
    104 このとき、x86_64アーキテクチャ用のパッケージリストが参照されていることを確認しておきます。 
     103 インストール後、ここで初めて apt-get update します。 
     104 このとき、x86_64アーキテクチャ用のパッケージリストが参照されていることを確認しておきます。 
    105105 
    106 なお、x86_64パッケージの apt をインストールする前に apt-get update 
    107 を実行していた場合は、 
     106 なお、x86_64パッケージの apt をインストールする前に apt-get update を実行していた場合は、 
    108107  /var/cache/apt/pkgcache.bin 
    109 を削除して apt-get update をやり直す必要があるようです。 
     108 を削除して apt-get update をやり直す必要があるようです。 
    110109 
    111110 3. console-tools.i386 を kbd.x86_64 への置き換え 
     
    113112# apt-get reinstall kbd initscripts compat32-glib2 
    114113}}} 
    115 console-tools.x86_64 パッケージが無いので、あらかじめ console-tools.i386 を kbd.x86_64 に入れ替えておきます。 
     114 console-tools.x86_64 パッケージが無いので、あらかじめ console-tools.i386 を kbd.x86_64 に入れ替えておきます。 
    116115 
    117116 4. i386 package の x86_64 package への置き換え 
     
    122121}}} 
    123122 
    124 compat32 パッケージ以外の i386 パッケージを reinstall します。 
    125 依存関係で必要となる compat32-* パッケージも追加で指定しておきます。 
     123 compat32 パッケージ以外の i386 パッケージを reinstall します。 
     124 依存関係で必要となる compat32-* パッケージも追加で指定しておきます。 
    126125 
    127126 5. 重複してインストールされている i386パッケージの削除 
     
    131130}}} 
    132131 
    133 一部 compat32-* パッケージが不足していて 
    134 依存関係を満たせない compat32-* パッケージもここで削除します。 
     132 一部 compat32-* パッケージが不足していて依存関係を満たせない compat32-* パッケージもここで削除します。 
    135133 
    136134== 6. 完了 ==