Changes between Version 18 and Version 19 of VineSeed_x86_64_setup_kenta


Ignore:
Timestamp:
2007/12/26 12:09:17 (12 years ago)
Author:
kenta
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • VineSeed_x86_64_setup_kenta

    v18 v19  
     1= はじめに = 
     2現在開発中の AMD64/EMT64 アーキテクチャ向け VineSeed (便宜上、以下 x86_64版 VineSeed と表記)のインストール方法をまとめたメモです。 
     3 
     4x86_64版 VineSeed は現在のところインストーラが用意されていませんので、i386版 Vine-4.2 をインストールした環境から、手作業でいくつかのRPMパッケージをインストールして、x86_64版 VineSeed の環境を作る方法を取る必要があります。 
     5 
     6基本的な手順は次の通りで、手順 1. からの必要な作業時間はネットワーク環境やスキルにも依りますが 2-30分です。 
     7 
     8== 更新履歴 == 
     9=== 初出 === 
    110Date: Sat, 22 Dec 2007 23:59:04 +0900[[BR]] 
    211From: NAKAMURA Kenta <kenta@XXXXXXXX>[[BR]] 
     
    413Message-Id: <20071222231326.8221.F0A0AD85@vinelinux.org>[[BR]] 
    514 
    6 中村です。 
     15=== 最終更新 === 
     162007/12/26 
    717 
    8 On Fri, 28 Sep 2007 11:17:00 +0900 
    9 Satoshi IWAMOTO <satoshi.iwamoto@XXXXXXXX> wrote: 
    10 >  僭越ながら、メモをまとめました。(230行ほど) 
    11 >  よろしければ査読いただいて、ツッコミ入れていただけると 
    12 >  嬉しいです。 
    13  
    14 久しぶりに x86_64 の環境を作ってみましたので、ざっくり手順のメモを私も 
    15 書いてみました。 
    16 必要なパッケージをまとめたアーカイブを作りましたので、この手順に沿えば 
    17 Vine 4.1 を最小構成でインストールした後、2-30分で VineSeed-x86_64 の 
    18 環境が作れるようになります。 
    19  
    20 なお、現在は VineSeed のパッケージには存在しない 
    21   compat32-openssl097 compat32-neon25 compat32-sqlite3 
    22 が必要です。 
    23 また、kernel-2.6.23 は新しい mkinitrd >= 4.2.1.8-0vl2 を必要とするので 
    24 手間を省くために最初は kernel-2.6.16 をインストールしています。 
    25  
     18= VineSeed x86_64環境の構築手順 = 
    2619 
    2720== 準備:最小環境での Vine 4.2 環境の作成 == 
     
    3326 
    3427 1. 必要なパッケージをダウンロードしてアーカイブを展開 
    35 ファイルリストは末尾に添付します。 
    36 どこか置くところがあればアーカイブをお渡しします。 
     28 
     29これ以降の手順で必要なパッケージの一覧は、末尾の Appendix に掲載しています。 
     30これらのパッケージをまとめてひとつのアーカイブとしたファイルも、どこかに公開したいと考えています。 
     31 
     32なお、現在の VineSeed では kernel-2.6.23 が最新となっていますが、kernel-2.6.23 以降では新しい mkinitrd >= 4.2.1.8-0vl2 を必要とするので、手間を省くために最初は kernel-2.6.16 をインストールしています。 
    3733 
    3834