wiki:VineLinuxPolicy

Version 10 (modified by yasumichi, 11 years ago) (diff)

--

Vine Linuxの方針(明文化作業中)

Vine Linuxのターゲットユーザ

(論議必要)

使いやすい日本語環境を提供する

メニューやヘルプなどの国際化 (i18n) は既に各々のアプリケーションで作業されています。そのため、日本語環境の利用は、多くのディストリビューションで実現されています。Vine Linuxでは、他のディストリビューションでは受け入れることが困難な日本語環境でのみ意味のあるパッチの採用などを実施し、より日本語環境に特化して地域化 (L10N) された環境を提供することを目指します。

使い勝手を犠牲にしない軽量・高速化(赤星案)

(論議必要)

最新版ソフトウェアよりも実績のある安定版ソフトウェアの採用(赤星案)

(定義に関して論議必要)

公式のリポジトリのみで運用可能にします

(表現等論議必要)