Changes between Version 30 and Version 31 of VineBootstrap


Ignore:
Timestamp:
2010/04/22 10:40:07 (12 years ago)
Author:
munepi
Comment:

以前書いた [actions] から "--" を取りました。

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • VineBootstrap

    v30 v31  
    171171基本的な流れは以下の通りです。 
    172172{{{ 
    173 $ sudo vbuilder --clean ← 必要であれば、あらかじめ chroot 環境を削除する。 
    174 $ sudo vbuilder --build 
    175 $ sudo vbuilder --build-rpm hoge.src.rpm 
     173$ sudo vbuilder clean ← 必要であれば、あらかじめ chroot 環境を削除する。 
     174$ sudo vbuilder build 
     175$ sudo vbuilder build-rpm hoge.src.rpm 
    176176}}} 
    177177 
    178178これらは一度に渡すこともできて、 
    179 以下のようにすれば、順次 --clean → --build → --build-rpm のように実行します。 
    180 {{{ 
    181 $ sudo vbuilder --clean --build --build-rpm hoge.src.rpm 
     179以下のようにすれば、順次 clean → build → build-rpm のように実行します。 
     180{{{ 
     181$ sudo vbuilder clean build build-rpm hoge.src.rpm 
    182182}}} 
    183183 
     
    187187例えば、hoge.src.rpm を vbuilder へ投げます。 
    188188{{{ 
    189 $ sudo vbuilder --clean --build --build-rpm hoge.src.rpm 
     189$ sudo vbuilder clean build build-rpm hoge.src.rpm 
    190190}}} 
    191191ところが、すでにリポジトリにある foo-devel, bar-devel パッケージと、 
     
    197197hoge.src.rpm のビルドを再度実行してみます。 
    198198{{{ 
    199 $ sudo vbuilder --install-rpm foo-devel --install-rpm bar-devel --install-rpm /some/where/fuga.arch.rpm --build-rpm hoge.src.rpm 
     199$ sudo vbuilder install-rpm foo-devel install-rpm bar-devel install-rpm /some/where/fuga.arch.rpm build-rpm hoge.src.rpm 
    200200}}} 
    201201 
     
    204204fuga.src.rpm の検証も兼ねて、vbuilder でテストしてみます。 
    205205{{{ 
    206 $ sudo vbuilder --clean --build --build-rpm /some/where/fuga.src.rpm --build-rpm hoge.src.rpm 
     206$ sudo vbuilder clean build build-rpm /some/where/fuga.src.rpm build-rpm hoge.src.rpm 
    207207}}} 
    208208など。 
     
    235235VineSeed 上の一時的な依存関係などの不具合により、 
    236236{{{ 
    237   $ sudo vbuilder --clean --build 
     237  $ sudo vbuilder clean build 
    238238}}} 
    239239を実行しても、VineSeed の bootstrap を構築できない場合がありました。 
     
    241241そのような場合は、このオプションを指定して 
    242242{{{ 
    243   $ sudo vbuilder --dist-upgrade --clean --build 
     243  $ sudo vbuilder dist-upgrade clean build 
    244244}}} 
    245245を実行すると、 
     
    248248VineSeed の bootstrap を構築します。 
    249249 
    250 === --build-rpm === 
    251 {{{ 
    252 $ sudo vbuilder --clean --build --build-rpm hoge.src.rpm 
    253 }}} 
    254 のうち、--build-rpm hoge.src.rpm は、 
     250=== build-rpm === 
     251{{{ 
     252$ sudo vbuilder clean build build-rpm hoge.src.rpm 
     253}}} 
     254のうち、build-rpm hoge.src.rpm は、 
    255255事前に vbuilder を当てる chroot 環境の / の存在をチェックしています。 
    256256そのとき、vbuilder を当てる chroot 環境の / が無ければ、 
    257 あらかじめ --build と同等の処理をしますので、 
    258 実は、--build は省略して以下のように実行しても構いません。 
    259 {{{ 
    260 $ sudo vbuilder --clean --build-rpm hoge.src.rpm 
     257あらかじめ build と同等の処理をしますので、 
     258実は、build は省略して以下のように実行しても構いません。 
     259{{{ 
     260$ sudo vbuilder clean build-rpm hoge.src.rpm 
    261261}}} 
    262262 
     
    266266例えば、 
    267267{{{ 
    268 $ sudo vbuilder --target i686 --build-rpm hoge-1.0-1vl6.src.rpm 
     268$ sudo vbuilder --target i686 build-rpm hoge-1.0-1vl6.src.rpm 
    269269}}} 
    270270を実行すると、hoge-1.0-1vl6.i686.rpm がビルドされます。 
     
    274274ユーザ foo が hoge-1.0-1vl5.src.rpm を vbuilder に投げたとします。 
    275275{{{ 
    276 $ sudo vbuilder --clean --build-rpm hoge.src.rpm 
     276$ sudo vbuilder clean build-rpm hoge.src.rpm 
    277277}}} 
    278278このとき、chroot 環境で生成された hoge-1.0-1vl6.{i386,src}.rpm は、 
     
    335335== 既知の問題 == 
    336336 * RPMパッケージでProvidesされたパッケージ名を (2010年3月7日現在の) aptがハンドリングしないので、BuildRequiresにそのようなパッケージ名を指定したときにエラーがでる。 
    337    * [workaround] --install-rpmオプションで実パッケージ名を指定する 
     337   * [workaround] install-rpmオプションで実パッケージ名を指定する