Changes between Version 2 and Version 3 of Vine6/ReleaseNotes


Ignore:
Timestamp:
2011/07/07 00:32:39 (10 years ago)
Author:
tanakanata
Comment:

typo 修正、項目整理

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Vine6/ReleaseNotes

    v2 v3  
    77== Vine Linux 6 (Haut Brion) について == 
    88 
    9 Vine Linux 6 は Project Vine および多くの協力者によって開発が行われている Linux ディストリビューションです。 
     9Vine Linux 6 は Project Vine および多くの協力者によって開発が行われている Linux ディストリビューションです。[[br]] 
     10Vine Linux 6 では、前バージョンから多く改良が加えられました。 
    1011 
    11 Vine Linux 6 には、Vine Linux CR(製品版)に含まれる商用アプリケーションを含みません。 
    12 ATOX X, Wnn7, Wnn8, VJE などの日本語入力システムやリコーフォントなどの商業フォントの替わりに、Mozc やフリーの TrueType フォントが含まれています。 
     12Vine Linux 6 には、Vine Linux CR(製品版)に含まれる商用アプリケーションを含みません。[[br]] 
     13ATOK X, Wnn7, Wnn8, VJE などの日本語入力システムやリコーフォントなどの商業フォントの替わりに、Mozc やフリーの TrueType フォントが含まれています。 
    1314 
    14 また、Vine Linux 6 は製品版と違いサポートサービスを付属しておりません。 
    15 何らかの問題が起こった場合、質問などがある場合は、vine-users ML などへご投稿をお願いします。必要であれば、[http://vinecaves.com/vinesupport.html サポートサービスのみをご購入いただく]ことも可能です。 
    16  
    17 Vine Linux に含まれるソフトウエアに何らかの問題が発生した場合は、個々の問題に利用者ご自身で対応していただきます。Project Vine を含む開発者、販売者およびその他のいかなる関係者も一切の責任を負いません。 
    18 個々のソフトウエアのライセンスなどに問題が発生した場合は、それぞれのライセンスや契約に従ってください。 
    19  
    20 === ポイント === 
    21  
    22 Vine Linux 6 では、前バージョンから多く改良が加えられました。特にに以下の点において重点的に改良されています。 
    23  
    24     * 収録ソフトウエアの刷新 
    25     * 安定性の向上 
    26     * ハードウエア対応の強化 
    27     * ルック&フィールの改善 
    28     * ユーザフレンドリなツール群 
    29  
    30 === システム要件 === 
    31 ==== x86 (32bit) バージョン ==== 
    32  
    33  CPU:: 
    34     Pentium 1GHz 相当以上 
    35  メモリ:: 
    36     256MB以上 (512MB以上推奨) 
    37  HDD:: 
    38     最小構成で700MB以上 
    39     フルインストールで4GB以上  
    40  
    41 ==== x86_64 (64bit) バージョン ==== 
    42  
    43  CPU:: 
    44     64bit 対応の AMD64 または Intel64 アーキテクチャのCPU 
    45     (Athlon64,Phenom,Opteron,Core2,Core i7,i5,i3など)  
    46  メモリ:: 
    47     256MB以上 (1GB以上推奨) 
    48  HDD:: 
    49     1GB以上(4GB以上推奨) 
    50  
    51 ==== 対応仮想マシン ==== 
    52  
    53     VirtualBox (VinePlusに収録)[[br]] 
    54     VMWare Player, Workstation, Server[[br]] 
    55     KVM など 
     15Vine Linux 6 は製品版と違いサポートサービスを付属しておりません。 
    5616 
    5717=== Vine Linux 6 の特徴 === 
    5818 
    59 Vine Linux 6 は以下のような特徴を備えています。 
    60 ==== 軽量・高速 ==== 
     19Vine Linux 6 は以下の点において重点的に改良されています。 
    6120 
    62     * Vine Linux 5 に引き続き、起動時のメモリ消費量を軽減 
     21==== 軽量・高速・安定 ==== 
    6322 
    64 ==== 対応アーキテクチャの変更 ==== 
     23   * 起動時のメモリ消費量を軽減、起動時間を短縮 
     24   * 安定性の向上 
     25   * ハードウエア対応の強化 
     26   * ルック&フィールの改善 
     27   * ユーザフレンドリなツール群 
    6528 
    66     * 最低ハードウエアを i686 (Pentium Proクラス) 以上とし、最適化を変更しました。このため Pentium 以前のハードウエアでは動作しません。 
    67     * PPC (PowerPC搭載Macintosh) バージョンはこのバージョンからはリリースされません。 
     29==== その他 ====  
     30 
     31    * ハイバネーションの安定化 
     32          * TuxOnIce 3.2 によるシステム休止の高速・安定化 
     33    * 各種自動設定 
     34          * udev によるハードウエア自動設定 
     35          * X.org X11 server 1.10 による X の自動設定 
     36    * デフォルトロケール 
     37          * Vine Linux 5 から引き続き UTF-8 ロケールが標準 
     38 
     39=== Vine Linux 5 からの変更点 ===  
     40 
     41==== 日本語入力システムの刷新 ==== 
     42 
     43   * 日本語入力フレームワークとして ibus を採用しました。 
     44   * 日本語入力エンジンとして Google 日本語入力のオープンソース版である Mozc を採用しました。 
     45 
     46==== 収録ソフトウエアの刷新 ==== 
     47 
     48   * コアコンポーネント 
     49     * Kernel-2.6.35.13 
     50     * glibc-2.11.1, gcc-4.4.5 
     51     * X.org X11R7.6+ 
     52     * rpm-4.8.1 
     53     * upstart-1.2 
     54   * GNOME2 
     55     * 安定の GNOME-2.32.1 を採用 
     56   * ブラウザ 
     57     * 最新の Fx 4.0.1 (Firefox 4.0.1 ソースコードベース) を採用 
     58   * メール 
     59     * 引き続き Sylpheed-3.1.1 を採用 
     60   * TeX (texlive) 
     61     * ptexlive-20100711 を元にした日本語 TeX 環境の提供 
     62   * Emacs 
     63     * Emacs23 を標準とし、各種設定のシステム標準化 
    6864 
    6965==== ルック&フィールの改善 ==== 
     
    8076    * GNOME デスクトップの下部パネルを廃止し、上部パネルに統合しました。 
    8177 
    82 ==== 日本語入力システムの刷新 ====  
     78==== 仕様上の変更点 ==== 
    8379 
    84     * 日本語入力フレームワークとして ibus を採用しました。 
    85     * 日本語入力エンジンとして Google 日本語入力のオープンソース版である Mozc を採用しました。 
     80Vine Linux 6 には以下のような仕様上の変更点があります。 
    8681 
    87 ==== パッケージ管理ツール・機構 ====  
     82    * セキュリティに関する変更 
     83          * インストーラで作成した一般ユーザアカウントが標準で sudo できるようになりました。 
     84               * インストーラで作成する一般ユーザアカウントは wheel グループ(管理者グループ)に所属するようになりました。 
     85               * wheel グループには標準で sudo 権限が付与されます。 
     86    * デフォルトファイルシステムの変更 
     87          * インストーラで作成される標準のファイルシステムが ext3 から ext4へ変更されました。 
     88    * X の自動設定 
     89          * X においてポインターデバイス、キーボードデバイスは udev による自動設定がされるようになりました。そのまま xorg.conf に記述しても反映されません。 
     90          * ほとんどの場合 xorg.conf を削除しても自動認識で動作するようになりました。 
     91 
     92=== パッケージ管理ツール・機構 === 
    8893 
    8994    * アップデートマネージャ - update-watch 
     
    101106          * グラフィカルなインタフェースとして synaptic を提供しています。 
    102107 
    103 ==== 開発支援ツール ====  
     108=== 開発支援ツール === 
    104109 
    105110    * vbootstrap 
     
    108113          * vbootstrap を利用して chroot 環境を構築し、その中でパッケージを構築できるようにするツールを提供しています。 
    109114 
    110 ==== 収録ソフトウエアの刷新 ====  
    111115 
    112     * コアコンポーネント 
    113           * Kernel-2.6.35.13 
    114           * glibc-2.11.1, gcc-4.4.5 
    115           * X.org X11R7.6+ 
    116           * rpm-4.8.1 
    117           * upstart-1.2 
    118     * GNOME2 
    119           * 安定の GNOME-2.32.1 を採用 
    120     * ブラウザ 
    121           * 最新の Fx 4.0.1 (Firefox 4.0.1 ソースコードベース) を採用 
    122     * メール 
    123           * 引き続き Sylpheed-3.1.1 を採用 
    124     * TeX (texlive) 
    125           * ptexlive-20100711 を元にした日本語 TeX 環境の提供 
    126     * Emacs 
    127           * Emacs23 を標準とし、各種設定のシステム標準化 
    128116 
    129 ==== その他 ====  
     117=== 対応アーキテクチャの変更 === 
    130118 
    131     * ハイバネーションの安定化 
    132           * TuxOnIce 3.2 によるシステム休止の高速・安定化 
    133     * 各種自動設定 
    134           * udev によるハードウエア自動設定 
    135           * X.org X11 server 1.10 による X の自動設定 
    136     * デフォルトロケール 
    137           * Vine Linux 5 から引き続き UTF-8 ロケールが標準 
     119    * 最低ハードウエアを i686 (Pentium Proクラス) 以上とし、最適化を変更しました。このため Pentium 以前のハードウエアでは動作しません。 
     120    * PPC (PowerPC搭載Macintosh) バージョンはこのバージョンからはリリースされません。 
    138121 
    139 === 仕様上の変更点 === 
     122=== システム要件 === 
     123==== x86 (32bit) バージョン ==== 
    140124 
    141 Vine Linux 6 には以下のような仕様上の変更点があります。 
     125 CPU:: 
     126    i686の命令セットをもつ CPU 
     127 メモリ:: 
     128    256MB以上 (512MB以上推奨) 
     129 HDD:: 
     130    最小構成で700MB以上 
     131    フルインストールで5GB以上  
    142132 
    143     * セキュリティに関する変更 
    144           * インストーラで作成した一般ユーザアカウントが標準で sudo できるようになりました。 
    145                * インストーラで作成する一般ユーザアカウントは wheel グループ(管理者グループ)に所属するようになりました。 
    146                * wheel グループには標準で sudo 権限が付与されます。 
    147     * デフォルトファイルシステムの変更 
    148           * インストーラで作成される標準のファイルシステムが ext3 から ext4へ変更されました。 
    149     * X の自動設定 
    150           * X においてポインターデバイス、キーボードデバイスは udev による自動設定がされるようになりました。そのまま xorg.conf に記述しても反映されません。 
    151           * ほとんどの場合 xorg.conf を削除しても自動認識で動作するようになりました。 
     133==== x86_64 (64bit) バージョン ==== 
    152134 
    153 アップグレードにおける注意点 
     135 CPU:: 
     136    64bit 対応の AMD64 または Intel64 アーキテクチャのCPU 
     137    (Athlon64,Phenom,Opteron,Core2,Core i7,i5,i3など)  
     138 メモリ:: 
     139    256MB以上 (1GB以上推奨) 
     140 HDD:: 
     141    1GB以上(5GB以上推奨) 
     142 
     143==== 対応仮想マシン ==== 
     144 
     145    VirtualBox (VinePlusに収録)[[br]] 
     146    VMWare Player, Workstation, Server[[br]] 
     147    KVM など 
     148 
     149=== アップグレードにおける注意点 === 
    154150 
    155151インストーラを利用したアップグレードを行う場合は DVD/USB エディションの利用をおすすめします。収録パッケージが多いためアップグレードが完了する割合が高まります。 
     
    162158 
    163159Vine Linux 用以外のパッケージ、商用ソフトウエアなどを利用している場合は、正常にアップグレードできない可能性が高くなります。あらかじめ削除しておくことをおすすめします。 
     160 
     161=== サポート・免責 === 
     162 
     163何らかの問題が起こった場合、質問などがある場合は、vine-users ML などへご投稿をお願いします。必要であれば、[http://vinecaves.com/vinesupport.html サポートサービスのみをご購入いただく]ことも可能です。 
     164 
     165Vine Linux に含まれるソフトウエアに何らかの問題が発生した場合は、個々の問題に利用者ご自身で対応していただきます。Project Vine を含む開発者、販売者およびその他のいかなる関係者も一切の責任を負いません。 
     166個々のソフトウエアのライセンスなどに問題が発生した場合は、それぞれのライセンスや契約に従ってください。