Changes between Version 12 and Version 13 of Vine6/ReleaseNotes


Ignore:
Timestamp:
2011/07/11 22:07:12 (10 years ago)
Author:
tanakanata
Comment:

「軽量プログラミング言語」と「サーバアプリケーション」を追加

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Vine6/ReleaseNotes

    v12 v13  
    55 
    66---- 
     7 
     8 
     9 
    710 
    811== Vine Linux 6 (Haut Brion) について == 
     
    5861     * X.org X11 server 1.10 による X の自動設定 
    5962 
    60 === その他の Vine Linux 5 からの変更点 ===  
     63=== 新機能 === 
     64 
     65Vine Linux 用 RPM パッケージの開発支援ツールを提供します(!VinePlus)。 
     66 
     67==== 開発支援ツール ==== 
     68 
     69   * vbootstrap 
     70        * Vine Linux の最小構成ツリーを作成するブートストラップツール。 
     71   * vbuilder 
     72        * vbootstrap を利用して chroot 環境を構築し、その中でパッケージを構築できるようにするツール。 
     73 
     74 
     75=== Vine Linux 5 からの変更点 ===  
     76 
     77==== 仕様上の変更点 ==== 
     78 
     79   * 標準のファイルシステムの変更 
     80     * ext3 から ext4 へ変更になりました。 
     81   * セキュリティに関する変更 
     82     * インストーラで作成した一般ユーザアカウントが標準で sudo できるようになりました。 
     83        * インストーラで作成した一般ユーザアカウントは wheel グループ(管理者グループ)に所属するようになりました。 
     84        * wheel グループには標準で sudo 権限が付与されます。 
     85   * デフォルトファイルシステムの変更 
     86        * インストーラで作成される標準のファイルシステムが ext3 から ext4 へ変更されました。 
     87   * X の自動設定 
     88        * X においてポインターデバイス、キーボードデバイスは udev による自動設定がされるようになりました。そのまま xorg.conf に記述しても反映されません。 
     89        * ほとんどの場合 xorg.conf を削除しても自動認識で動作するようになりました。 
     90   * 起動時のコンソールの隠蔽 
     91        * bootsplash から plymouth に変更になりました。 
     92 
     93==== パッケージ管理ツール・機構 ==== 
     94 
     95   * アップデートマネージャ - update-watch 
     96        * GNOME 利用時に通知スペースにパッケージ更新情報を表示します。 
     97   * おすすめパッケージの簡易インストール - vine-app-install 
     98        * デスクトップ向けのおすすめアプリケーションを簡単に追加・削除できるようになります。 
     99   * 自動パッケージ生成 - self-build 
     100        * self-build システムにより配布に制限のあるパッケージなどをインストール時に自動的にビルドしてインストールされます。 
     101   * 商用パッケージの自動取得インストール - install-assist 
     102        * Adobe !FlashPlayer や Reader など商用パッケージを自動的に取得し、パッケージとしてインストールされます。 
     103   * 動的なカーネルモジュール生成 - dkms 
     104        * Dynamic Kernel Module Support により自動的にカーネルモジュールが生成されます。 
     105   * パッケージ管理ツール 
     106        * rpm + apt を基本としたパッケージ管理を行っています。 
     107        * グラフィカルなインタフェースとして synaptic を提供しています。 
     108[[Image(vine6_need_reboot_s.jpeg)]] ([http://trac.vinelinux.org/attachment/wiki/Vine6/ReleaseNotes/vine6_need_reboot.jpeg << サムネイルは大きい画像にリンク]) 
    61109 
    62110==== 収録ソフトウエアの刷新 ==== 
     
    78126   * Emacs 
    79127     * Emacs23 を標準とし、各種設定のシステム標準化 
    80  
    81 ==== 仕様上の変更点 ==== 
    82  
    83    * 標準のファイルシステムの変更 
    84      * ext3 から ext4 へ変更になりました。 
    85    * セキュリティに関する変更 
    86      * インストーラで作成した一般ユーザアカウントが標準で sudo できるようになりました。 
    87         * インストーラで作成した一般ユーザアカウントは wheel グループ(管理者グループ)に所属するようになりました。 
    88         * wheel グループには標準で sudo 権限が付与されます。 
    89    * デフォルトファイルシステムの変更 
    90         * インストーラで作成される標準のファイルシステムが ext3 から ext4 へ変更されました。 
    91    * X の自動設定 
    92         * X においてポインターデバイス、キーボードデバイスは udev による自動設定がされるようになりました。そのまま xorg.conf に記述しても反映されません。 
    93         * ほとんどの場合 xorg.conf を削除しても自動認識で動作するようになりました。 
    94    * 起動時のコンソールの隠蔽 
    95         * bootsplash から plymouth に変更になりました。 
    96  
    97 === パッケージ管理ツール・機構 === 
    98  
    99    * アップデートマネージャ - update-watch 
    100         * GNOME 利用時に通知スペースにパッケージ更新情報を表示します。 
    101    * おすすめパッケージの簡易インストール - vine-app-install 
    102         * デスクトップ向けのおすすめアプリケーションを簡単に追加・削除できるようになります。 
    103    * 自動パッケージ生成 - self-build 
    104         * self-build システムにより配布に制限のあるパッケージなどをインストール時に自動的にビルドしてインストールされます。 
    105    * 商用パッケージの自動取得インストール - install-assist 
    106         * Adobe !FlashPlayer や Reader など商用パッケージを自動的に取得し、パッケージとしてインストールされます。 
    107    * 動的なカーネルモジュール生成 - dkms 
    108         * Dynamic Kernel Module Support により自動的にカーネルモジュールが生成されます。 
    109    * パッケージ管理ツール 
    110         * rpm + apt を基本としたパッケージ管理を行っています。 
    111         * グラフィカルなインタフェースとして synaptic を提供しています。 
    112 [[Image(vine6_need_reboot_s.jpeg)]] ([http://trac.vinelinux.org/attachment/wiki/Vine6/ReleaseNotes/vine6_need_reboot.jpeg << サムネイルは大きい画像にリンク]) 
    113  
    114 === 開発支援ツール === 
    115  
    116    * vbootstrap 
    117         * Vine Linux の最小構成ツリーを作成するブートストラップツールを提供しています(!VinePlus)。 
    118    * vbuilder 
    119         * vbootstrap を利用して chroot 環境を構築し、その中でパッケージを構築できるようにするツールを提供しています。 
    120  
     128   * 軽量プログラミング言語 
     129     * perl-5.12.3 
     130     * python-2.6.6 
     131     * ruby-1.8.7.334 
     132   * サーバアプリケーション 
     133     * apache2-2.2.19 
     134     * bind-9.6.ESV.R4.P3 
     135     * cups-1.4.6 
     136     * postfix-2.8.3 
     137     * proftpd-1.3.3e 
     138     * samba-3.5.8 
    121139 
    122140=== システム要件 === 
    123141 
    124 ==== x86 (32bit) バージョン ==== 
     142==== i686 (32bit) バージョン ==== 
    125143 
    126144 CPU:: 
     
    134152    (Athlon64,Phenom,Opteron,Core2,Core i7,i5,i3など)  
    135153 
    136 ==== x86、x86_64 共通 ==== 
     154==== i686、x86_64 共通 ==== 
    137155 
    138156 メモリ:: 
     
    189207登録商標Linuxは、全世界における商標保持者 Linus Torvalds氏から排他的ライセンスを受けているLMI(Linux Mark Institute)からの許諾により使用しています。[[br]] 
    190208その他、本ドキュメントおよび Vine Linux 内で記載されている会社名や商品名は一般に各社の商標です。 
    191  
    192  
    193