wiki:VersioningPolicy

Version 10 (modified by daisuke, 12 years ago) (diff)

--

基本ルール

課題

  • version-release の付け方の変更
    • vl の前後の数字の設定規則を変更する
    • release に distribution version を含ませる

version-release の付け方

  • 標準的な場合
    • %{Name}-%{Version}-%{Release}vl%{Vine-Version}.xxx.rpm
      例) test-1.0-1vl5.xxx.rpm
  • rc, beta, pre 等が付く場合
    • %{Name}-%{Version}-0.%{Suffix}.%{Release}vl%{Vine-Version}.xxx.rpm
      例) test-1.0-0.rc1.1vl5.xxx.rpm
    • 同じ rc1 のソースのままパッケージを更新する場合は
      test-1.0-0.rc1.2vl5.xxx.rpm
      test-1.0-0.rc1.3vl5.xxx.rpm
      と増やしていく。
    • rc が上がっていく場合は、
      test-1.0-0.rc2.1vl5.xxx.rpm
      test-1.0-0.rc3.1vl5.xxx.rpm
      と上げていく。
  • rc が取れたら上の標準と同じルールに戻す。

対応 rpm/vine-release

  • rpm-4.4.2.3-0.rc1.2vl5
  • vine-release-5.0-0.0.1vl5.seed

spec での Release タグの指定

  Release: 1%{?_dist_release}

spec の %changelog の、バージョン番号の書き方

  • Seed と Plus に同じリリース番号のパッケージを提供する場合は、spec の %changelog に書くバージョン番号は、%{Release} までとする。
    例) test-1.0-1vl5 の場合
    * Sat Feb 03 2008 Your Name <Your@…> 1.0-1
  • Seed と Plus でリリース番号が異なる場合は %{Vine-Version}まで記入する。
    例) Seed では test-1.0-2vl5 の場合
    * Sat Feb 03 2008 Your Name <Your@…> 1.0-2vl5
    Plus では test-1.0-1vl4 の場合
    * Sat Feb 03 2008 Your Name <Your@…> 1.0-1vl4