wiki:TracRoadmap

Version 3 (modified by trac, 6 years ago) (diff)

--

ロードマップ

ロードマップ (英語版では Roadmap) は チケットシステム のビューを提供します。プロジェクトの将来の開発計画と管理の役に立つでしょう。

ロードマップのビュー

基本的に、ロードマップは将来のマイルストーン (英語版では Milestone) のリストに過ぎません。マイルストーンの説明、例えば主たる開発方針などを WikiFormatting を使用して追加することができます。その上で、あるマイルストーンのターゲットとなるチケットは集められ、未解決チケットと解決済みチケットの比率がマイルストーンの進捗インジケータに表示されます。  チケットのグループ化をカスタマイズする ことによって、プログレスバーに複数のステータスを表示させる事ができます。(訳注: TracIni#milestone-groups-section を参照してください)

ロードマップでは、 完了したマイルストーン期限のないマイルストール の表示 / 非表示を選択することができます。 完了したマイルストーンも表示する期限のないマイルストールを表示しない が同時に指定された場合、期限はないが 完了した マイルストーンは、表示される でしょう

マイルストーンのビュー

各マイルストーンには概要を追加することができます ( WikiFormatting 使用可 ) 。例えば、主とした目的を記述することができます。加えて、あるマイルストーンをターゲットとしたチケットをまとめて、未解決と解決済みのチケットの割合がマイルストーンのプログレスバーに表示されます。さらに、  チケットのグルーピングをカスタマイズしたり 複数のチケットステータスをプログレスバーに表示することが可能です。

特定のマイルストーンのページを見ることによって、簡単な統計に掘り下げることは可能です。デフォルトでは、未解決/解決済みの比率がコンポーネントごとにグループ化され、表示されています。他の基準、例えば担当者や重要度で再グループ化することができます。チケットの番号は一致するチケットをリストする カスタムクエリ にリンクされています。

ロードマップ管理

適切な権限を持っているならば、 Web インタフェース ( ロードマップとマイルストーンページ ) や Web アドミニストレーションインタフェースまたは、 trac-admin を使用して、マイルストーンの追加、編集、削除を行なうことができます。

Note: マイルストーンの概要は trac-admin を使って編集することは現在できません。

iCalendar 対応

ロードマップは、  iCalendar フォーマットに対応していますので、好みのカレンダーアプリケーションを使って、計画したマイルストーンと関係する課題を追いかけることが出来ます。多くのカレンダーアプリケーションが iCalendar をサポートしています。

ロードマップを購読するために、ロードマップのページにある iCalendar のリンクをコピーします (リンクはページの下の方にあります)。そして、カレンダーアプリケーションで "リモートカレンダーを購読" (またはこれに似たアクション) を行い、コピーした URL を貼り付けるだけです。

Note: カレンダーの中に (TO-DOアイテムとして) チケットが含まれているので、リンクをコピーするときに認証されている必要があります。あなた自身が担当者で、マイルストーンに関係するチケットのみ見ることができます。

より詳しい iCalendar についての情報は Wikipedia で見つけることが出来ます。


See also: TracTickets, TracReports, TracQuery,  TracRoadmapCustomGroups