Changes between Version 2 and Version 3 of TracModPython


Ignore:
Timestamp:
2012/06/16 22:07:38 (9 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracModPython

    v2 v3  
    66以下の説明は Apache2 のためのものです; まだ Apache1.3 を使用しているなら、 [http://trac.edgewall.org/wiki/TracModPython2.7 TracModPython2.7] にいくつか情報があります。 
    77 
     8== 警告 == #AWordofWarning 
     9 
     102010 年 6 月 16 日に、 mod_python プロジェクトが正式に終了しました。もし mod_python を新しいインストールで使用することを考えているならば、 '''お願いだからしないで下さい'''! 解決されない既知の課題がありますし、今ではより良い代替手段もあります。詳細については、インストールしようとしているバージョンの TracInstall ページをチェックして下さい。 
     11 
    812== シンプルなコンフィグレーション == #Simpleconfiguration 
    913 
     
    2125(Debian の続き) mod_python をインストールした後に、apache2 (上の Load Module に相当するもの) のモジュールを有効にしなければなりません : 
    2226{{{ 
    23 a2enmod mod_python 
     27a2enmod python 
    2428}}} 
    2529Fedora で yum を使用する場合: 
     
    3438   PythonInterpreter main_interpreter 
    3539   PythonHandler mod_python.testhandler 
     40   Order allow,deny 
     41   Allow from all 
    3642</Location> 
    3743}}} 
     
    4652   PythonOption TracEnv /var/trac/myproject 
    4753   PythonOption TracUriRoot /projects/myproject 
     54   Order allow,deny 
     55   Allow from all 
    4856</Location> 
    4957}}} 
     
    7482}}} 
    7583 
     84または Genshi の egg を解凍して展開することで、この問題を回避できます。 
    7685=== 認証設定 === #ConfiguringAuthentication 
    7786 
     
    149158 
    150159 
     160=== Python Egg Cache を設定する === #SettingthePythonEggCache 
     161 
     162Web サーバが Egg Cache に書き込みできない場合、パーミッションを変更するか、 Apache が書き込み可能な場所を指定する必要があります。設定しないと ''500 Internal Server Error'' や syslog へのエラー出力が発生します。 
     163 
     164{{{ 
     165#!xml 
     166<Location /projects/myproject> 
     167  ... 
     168  PythonOption PYTHON_EGG_CACHE /tmp  
     169  ... 
     170</Location> 
     171}}} 
     172 
    151173 
    152174=== !PythonPath を設定する === #SettingthePythonPath 
     
    228250 * `<Location>` の代わりに `<LocationMatch>` を使用する。 
    229251 * <Location />  はサーバの設定によっては、単にサーバのルートではなく完全なホスト名を参照していることがあります。このような場合、 (上記の例では下段にあたるログイン用ディレクトリを含む) 全てのリクエストが Python に送信され、認証が動かなくなります (認証を行おうとすると、認証が設定されていないというエラー画面が表示されます)。 URL を変更できるのであれば (/, /login の代わりに /web/, /web/login などのように) ルートではなくサブディレクトリを使ってみてください。 
     252 * Apache の `NameVirtualHost` を設定している場合、 `<VirtualHost *>` ではなく `<VirtualHost *:80>` を使用せねばならないかもしれません。 
    230253 
    231254複数のプロジェクトをサポートする仮想ホストの設定では、 "`TracEnv`" /var/trac/myproject を "`TracEnvParentDir`" /var/trac/ に置き換えて下さい。 
     
    263286 
    264287<Location /> で `SetHandler` を使用すると、すべてを mod_python でハンドルすることになりますが、いかなる CSS も image/icons もダウンロードできなくなります。この問題を回避するために、われわれは <Location /trac> で `SetHandler None` を使用しています。しかし、この方法がエレガントな解決方法だとは思っていません。 
     288 
     289=== Zip された egg での問題 === #Problemwithzippedegg 
     290 
     291mod_python のバージョンによっては Zip された egg ファイルからモジュールを import できないことがあります。 Apache のログに `ImportError: No module named trac` が出力される場合、問題が発生している原因であると考えられます。 Python の site-packages ディレクトリを見てみてください; Trac のモジュールが ''ディレクトリ'' ではなく ''ファイル'' として配置されている場合、問題の原因と考えられます。解決するためには、下記の上に `--always-unzip` オプションと伴に Trac をインストールしてみてください。 
     292 
     293{{{ 
     294easy_install --always-unzip Trac-0.12.zip 
     295}}} 
    265296 
    266297=== .htaccess ファイルを使用する === #Using.htaccess 
     
    284315}}} 
    285316 
    286 !TracUriRoot は Web ブラウザが取得する Trac のパスを明示的に設定するのに使用します。 (例: domain.tld/projects/trac) 
     317`TracUriRoot` は Web ブラウザが取得する Trac のパスを明示的に設定するのに使用します。 (例: domain.tld/projects/trac) 
    287318 
    288319=== .htaccess 使用時の特記事項 === #Additional.htaccesshelp 
     
    314345}}} 
    315346 
    316 [[http://subversion.tigris.org/faq.html#reposperms]] も参考にして下さい 
     347[http://subversion.tigris.org/faq.html#reposperms] も参考にして下さい 
    317348 
    318349=== FreeBSD での特記 === #FreeBSDissues 
     
    320351 
    321352apache2 を普通にコンパイルしてインストールした場合、 apache はスレッドのサポートなしになります (これが FreeBSD 上であまりよく動かない原因)。 --enable-threads を使用して ./configure を実行することで apache にスレッドのサポートありにすることができますが、これはお勧めできません。 
    322 最良のオプションは /usr/local/apache2/bin/ennvars に下記の一行を追加することだと  [[http://modpython.org/pipermail/mod_python/2006-September/021983.html 考えられます。]] 
     353最良のオプションは /usr/local/apache2/bin/ennvars に下記の一行を追加することだと [http://modpython.org/pipermail/mod_python/2006-September/021983.html 考えられます。] 
    323354 
    324355{{{ 
     
    350381 
    351382Note: 上記のコンフィグが効果を発揮するためには、プロジェクトの root 位置のコンフィグ後に追加しなければなりません。つまり {{{<Location /myproject />}}} 以降です。 
     383 
     384また `PythonOptimize On` が設定されている場合、ページのヘッダとフッタの表示が乱れたり、マクロやプラグインのドキュメンテーションが表示されないことがあります ([http://trac.edgewall.org/ticket/8956 #8956] 参照)。オプションの設定によって影響を受ける箇所について充分考慮できない場合は `Off` に設定する方がよいでしょう。 
    352385 
    353386=== HTTPS の問題 === #HTTPSissues 
     
    369402 
    370403=== php5-mhash または その他の php5 モジュールのセグメンテーションフォルト === #Segmentationfaultwithphp5-mhashorotherphp5modules 
    371 php5-mhash モジュールがインストールされている場合、 (debian etch について報告された) セグメンテーションフォルトに遭遇するでしょう。 php-mhash を削除して、問題が解決するかを確かめてみてください。 debian のバグレポート [[http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=411487]] を参考にして下さい。 
    372  
    373 システムライブラリの代わりに、サードパーティのライブラリでコンパイルされた php5 を使用する一部の人々にもトラブルが発生します。ここを確認してください [[http://www.djangoproject.com/documentation/modpython/#if-you-get-a-segmentation-fault]] 
     404php5-mhash モジュールがインストールされている場合、 (debian etch について報告された) セグメンテーションフォルトに遭遇するでしょう。 php-mhash を削除して、問題が解決するかを確かめてみてください。 debian のバグレポート [http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=411487] を参考にして下さい。 
     405 
     406システムライブラリの代わりに、サードパーティのライブラリでコンパイルされた php5 を使用する一部の人々にもトラブルが発生します。ここを確認してください [http://www.djangoproject.com/documentation/modpython/#if-you-get-a-segmentation-fault] 
    374407 
    375408---- 
    376 See also:  TracGuide, TracInstall, [wiki:TracModWSGI ModWSGI], [wiki:TracFastCgi FastCGI], [wiki:TracModPython ModPython], [http://trac.edgewall.org/wiki/TracNginxRecipe TracNginxRecipe] 
     409See also:  TracGuide, TracInstall, [wiki:TracModWSGI ModWSGI], [wiki:TracFastCgi FastCGI], [http://trac.edgewall.org/wiki/TracNginxRecipe TracNginxRecipe]