Changes between Version 2 and Version 3 of TracImport


Ignore:
Timestamp:
2012/06/16 22:07:38 (9 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracImport

    v2 v3  
    11= チケットデータのインポート = #Importingticketdata 
    22 
    3 == Bugzilla == #Bugzilla 
     3== Bugzilla == 
    44 
    55[http://trac.edgewall.org/browser/trunk/contrib/bugzilla2trac.py bugzilla2trac.py] スクリプトを使用すると、チケットのデータを Bugzilla からインポートすることができます。 bugzilla2trac.py スクリプトは Trac の配布を展開した contrib/ ディレクトリにあります。 
     
    4040使用できるオプションについての更なる詳細についてはスクリプトの先頭にある configuration セクションを参照してください。 
    4141 
    42 == Sourceforge == #Sourceforge 
     42== Sourceforge == 
    4343 
    4444[http://trac.edgewall.org/browser/trunk/contrib/sourceforge2trac.py sourceforge2trac.py] スクリプトを使用すると、 Sourceforge からチケットのデータをインポートすることができます。 sourceforge2trac.py スクリプトも Trac 配布物を展開した contrib/ ディレクトリにあります。 
    4545 
    46 == Mantis == #Mantis 
     46[http://trac.edgewall.org/ticket/3521 #Trac3521] に sourceforge2trac スクリプトの更新版が添付されています。 
    4747 
    48 注記: mantis2trac は http://trac-hacks.org/wiki/MantisImportScript にあります。 http://trac-hacks.org/changeset/latest/mantisimportscript?old_path=/&filename=mantisimportscript&format=zip から最新版を得ることができます 
     48== Mantis == 
     49 
     50mantis2trac は http://trac-hacks.org/wiki/MantisImportScript にあります。 http://trac-hacks.org/changeset/latest/mantisimportscript?old_path=/&filename=mantisimportscript&format=zip から最新版を得ることができます 
    4951 
    5052Mantis バグトラッカからは (訳注: [http://trac.edgewall.org/attachment/wiki/TracImport 本家ページ] に) 添付されたスクリプトを使用してインポートすることができます。 
     
    7678}}}  
    7779 
    78 == その他 == #other 
     80== Jira == 
     81 
     82[http://trac-hacks.org/wiki/JiraToTracIntegration Jira2Trac プラグイン] を使用すると Atlassian が開発している Jira のバックアップファイルから Trac にインポートが行えます。 
     83 
     84このプラグインは Python 3.1 で書かれたコマンドラインツールで、下記の機能があります: 
     85 
     86 - Jira のバックアップ XML ファイルを解析する 
     87 - Jira のデータおよび添付ファイルを Trac の  [http://trac-hacks.org/wiki/XmlRpcPlugin XmlRpcPlugin] に送信する 
     88 - Jira のユーザ情報と base64 エンコードされた SHA-512 パスワードから htpasswd ファイルを生成する 
     89 
     90== その他 == #Other 
    7991 
    8092Trac は データの保存に SQL データベースを使用しているので、データベースを調査することによって他のシステムからインポートすることができます。 [http://www.sqlite.org/sqlite.html sqlite] のコマンドラインで Trac データベースのテーブルを参照し、あなたが使用しているアプリケーションからデータベースのテーブルをインポートしてください。 
     
    8294=== カンマ区切りファイル - CSV ファイルの使用 === #Usingacommadelimitedfile-CSV 
    8395詳しくは [http://trac.edgewall.org/attachment/wiki/TracSynchronize/csv2trac.2.py] を参照して下さい。 この方法は手動でたくさんのチケットを登録するようなときにとても便利です。 (最近の Trac のリリースでは、このスクリプトを使用するのにチケットの分類のフィールド (task など) が必要です) 
     96スクリプト上のコメント: スクリプトの 168 行目にエラーがあります。 ('Ticket' は 'ticket' としなければなりません )。また、重要度と優先度でリストされる値が逆になっています。 
    8497 
     98=== Excel ファイル (.xls) や カンマ区切りファイル (.csv) の使用 === #UsinganExcel.xlsorcommadelimitedfile.csv 
     99[http://trac-hacks.org/wiki/TicketImportPlugin TicketImportPlugin] プラグインは、 CSV ファイルや ( xlrd ライブラリがインストールされているならば ) Excel ファイル から Trac にチケットをインポートするプラグインです。 
     100 
     101また、チケットをバッチで修正するときに使うことができます。レポートを CSV ファイルとして保存し、その CSV ファイルを編集して、チケットを再インポートします。 
     102 
     103このプラグインは新しいプロジェクトをたてたときにとても役に立ちます: 打ち合わせの議事録から作成した要件の一覧や、機能一覧、他のチケットシステムのチケットなどをインポートすることができます。チケットをオフラインでレビューできたり、チケットに大規模な変更を加えることもできるのもすばらしいです。 
     104 
     105インポートするファイルにチケットの id ( または id が存在しないならば、概要) があるならば、チケットは作成または更新されます。 
     106 
     107