wiki:TeXEnvironment

Version 64 (modified by munepi, 10 years ago) (diff)

--

TeX 環境

TeX 環境 Vine Linux 7

次期 TeX Live のバージョンは、TeX Live 2011 を採用する予定。 TeX Live 2011 をベースに、必要に応じて有用な機能などを取り込み、Vine Linux 向けにカスタマイズする予定。

また、以下の機能の取り込みも検討する。

  • ptex の SyncTeX への対応
  • 組版エンジンが ptex である "platex" も使えるようにしておく
  • upTeX への対応
  •  LuaTeX-ja の成果を取り込み

方針

  • ptexlive ベースにしつつ、操作性を変えない。
  • 出来る限り手間をかけない。
  • 無駄に細かすぎるサブパッケージを作らない。

TeX Live のバージョン

TeX Live 2012

  • ???

TeX Live 2011

2011-11-27 現時点の VineSeed に採用。

tlptexlive リポジトリ

 tlptexliveリポジトリ - ptexlive Wiki を組み合わせることで、TeX Live 2011 に不足している日本語対応周りが補足される。

  • pxdvi
  • pmetapost
  • OTF パッケージ

TeX Live 2010

  • pTeX が upstream に取り込まれた
    • xdvik の日本語化、updmap の KanjiMap などが未対応

TeX Live 2009

RPM パッケージ

カテゴリ(リポジトリのカテゴリ) パッケージの組み合わせtexlive-collections-* の生成コメント
最小(main) texlive + texlive-common (= texlive-collection-langgerman + texlive-collection-langcyrillic + texlive-collection-xetex + texlive-collection-latexrecommended + texlive-collection-latex + texlive-collection-fontsrecommended + texlive-collection-basic + texlive-collection-langcjk) + jvf + texlive-macros $ tlpdb2rpmspec --minimal-collections
標準(plus) + texmacro-otf + texlive-collection-latexextra + texlive-collection-luatex + texlive-collection-pictures + texlive-collection-genericrecommended + texlive-collection-pstricks $ tlpdb2rpmspec --standard-collections task-texlive
最大(plus) + 残り全部 $ tlpdb2rpmspec --full-collections task-texlive-full

texlive

TeX Live 2009 から 2011 への移行処理

texlive パッケージの %pretrans で以下のような texmf-* の移行処理をしています。

%pretrans
rpm -q texlive | grep -q 2009
[ $? -eq 1 ] && exit 0
## upgrade TeX Live from 2009 to 2011
_trans_time=$(date +%Y%m%d)
echo "Running transitional process of your TeX system ... "
for dir in %{texmf}-var %{texmf}-config; do
    _trans_dir=${dir}.${_trans_time}.rpmorig
    [ -d ${_trans_dir}.old ] && \
        echo -n "  " && \
        echo "Found ${_trans_dir}.old: " && \
        echo -n "    " && \
        %__rm -rvf ${_trans_dir}.old
    [ -d ${_trans_dir} ] && \
        echo -n "  " && \
        echo "Found ${_trans_dir}: " && \
        echo -n "    " && \
        %__mv -v ${_trans_dir} ${_trans_dir}.old
    [ -d ${dir} ] && \
        echo -n "  " && \
        echo "Found ${dir}: " && \
        echo -n "    " && \
        %__mv -v ${dir} ${_trans_dir}
done
echo "done."

しかし、以前の TeX Live 2009 が入っている途中段階だと、 fmtutil-sys --all が失敗するので、 texlive-common パッケージの %posttrans で最終的な updmap-sysfmtutil-sys を実行しています。

%posttrans

(snip)

echo -n "    "
echo -n "Running updmap ... " && %{exec_updmap} >/dev/null 2>&1 && echo "done."
rm -f %{texmf}/updmap.lock
echo -n "    "
echo -n "Running fmtutil ... " && %{exec_fmtutil} && echo "done."

exit 0

テスト事項

texmacro-otf:

people/munepi/documents/11/beefplate.tex を platex でタイプセットして、pxdvi, dvipdfmx, dvips でそれぞれ正しくフォントが表示・埋めこまれているかを確認する。

$ platex beefplate
$ pxdvi beefplate
$ dvipdfmx -r 8000 beefplate && acroread beefplate.pdf
$ dvips -Ppdf beefplate && ps2pdf beefplate.ps beefplate.pdf && acroread beefplate.pdf

dvipdfmx: いくつかの画像形式の埋め込みをチェック

people/munepi/scripts/chkdvipdfmx.sh を実行して、すべての PDF ファイルで画像が埋め込まれていることを確認する。

luatex: zlib のバージョンチェック