Changes between Version 2 and Version 3 of PackagingPolicy/Python


Ignore:
Timestamp:
2012/08/15 00:24:44 (8 years ago)
Author:
owa
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • PackagingPolicy/Python

    v2 v3  
    88Python 本体は以下のディレクトリに配置されます。[[BR]] 
    99{{{ 
    10 %{_prefix}/lib/python2.6  # arch に依存しないもの 
     10%{_prefix}/lib/python%{pyver}  # arch に依存しないもの 
    1111}}} 
    1212{{{ 
    13 %{_prefix}/%{_lib}/python2.6  # arch に依存するもの 
     13%{_prefix}/%{_lib}/python%{pyver}  # arch に依存するもの 
    1414}}} 
    1515 
     
    3232 
    3333原則としてその RPM パッケージ独自のディレクトリに配置すること。[[BR]] 
    34 他の Python ライブラリを使用する場合は Python ライブラリへのパス指定などを使用 
    35 することが望ましい。 [[BR]] 
    3634(''他から利用されないライブラリを site-packages の下に入れないで欲しい -- owa'') 
    3735 
     
    4745%python_sitelib %(%{__python} -c 'from distutils.sysconfig import sys; sys.stdout.write(get_python_lib(0))') 
    4846}}} 
    49  * /usr/lib/python2.6/site-packages 
     47 * /usr/lib/python%{pyver}/site-packages 
    5048 
    5149{{{ 
    5250%python_sitearch %(%{__python} -c 'from distutils.sysconfig import sys; sys.stdout.write(get_python_lib(1))') 
    5351}}} 
    54  * /usr/lib/python2.6/site-packages   (i686, ppc 環境の場合) 
    55  * /usr/lib64/python2.6/site-packages   (x86_64 環境 の場合) 
     52 * /usr/lib/python%{pyver}/site-packages   (i686, ppc 環境の場合) 
     53 * /usr/lib64/python%{pyver}/site-packages   (x86_64 環境 の場合) 
    5654 
    5755== site-packages 配下の利用方法 == 
    5856 
    59  * site-packages ディレクトリ {%python_sitelib または %python_sitearch} にモジュール *.py や、 
    60  ライブラリ *.so を置くことは Python の名前空間を汚すことになるので注意しましょう 
    61  もしまとめられるなら、一つの名前を付けそのディレクトリ内に収める方が望ましいと思います 
     57 * site-packages ディレクトリ {%python_sitelib または %python_sitearch} の直下にモジュール *.py や、 
     58 ライブラリ *.so をそのまま置くことは Python の名前空間を汚すことになりかねないので勧められません 
     59 パッケージャは管理対象としての名前 (python での import モジュール名となる) を決め、そのディレクトリを作りその配下に収めることを考えてください 
    6260 
    6361