Changes between Version 2 and Version 3 of Packages/vine-rpm-helper


Ignore:
Timestamp:
2011/10/10 01:22:14 (11 years ago)
Author:
yasumichi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Packages/vine-rpm-helper

    v2 v3  
    2727||EMAIL||ユーザーのメールアドレス。%changelog で利用される。|| 
    2828 
     29=== mkrpmspec 開発者向け情報 === 
     30 
     31シェル変数の定義 
     32 
     33||  変数名  ||  説明  || 
     34||ARCHIVE||mkrpmspec の引数に与えられたアーカイブファイル名|| 
     35||PKGNAME||${ARCHIVE} を元に決定したパッケージ名|| 
     36||PKGVERSION||${ARCHIVE} を元に決定したバージョン番号|| 
     37||SOURCE||パッケージのソース|| 
     38||SOURCEDIR||パッケージのソースを格納するディレクトリ|| 
     39||PKGSOURCE||ローカルに保存されたソースのフルパス|| 
     40||BUILDDIR||パッケージビルド用のディレクトリ|| 
     41||SPECDIR||出力する SPEC ファイルを格納するディレクトリ|| 
     42||SPECFILE||出力する SPEC ファイルのフルパス || 
     43||DOCFILES||%doc で出力するファイルの一覧|| 
     44||GETTEXTIZE||GETTEXTIZE されているかを yes または no で格納|| 
     45||MD5SUM||パッケージに含まれる COPYING ファイルの md5sum 値(CheckLicense内でのみ使用)|| 
     46||LICENSE||自動判別したパッケージのライセンス。自動判別に失敗した場合は、「FIXME」を格納。|| 
     47||PKGTYPE||自動判別したパッケージのタイプ。現在の所、Perl、Python、autotoolize のみ。|| 
     48||NAME||RPM パッケージ名。Perl では、PKGNAME の prefix に perl- を付加する。|| 
     49||LINKTARGET||NAME と PKGNAME が異なる場合、パッケージのソース格納用ディレクトリのシンボリックリンクを作成するために使用する。|| 
     50||PKGDIR||パッケージを展開した場合に生成されるディレクトリ名。|| 
     51||BASENAME||パッケージファイルのベース名|| 
     52||SUFFIX||パッケージファイルの拡張子|| 
     53 
    2954== mkrpmfiles == 
    3055