wiki:MakingRPM/Tips

Version 3 (modified by munepi, 11 years ago) (diff)

--

SPEC の書き方 Tips

with/without を使った条件分岐

bcond_with または bcond_without を使うことで、条件ビルドの spec への記述が書きやすくなり、 rpmbuild への --with/--without スイッチで機能の追加削除の選択ができるようになります。

  • %bcond_with foo は rpmbuild で --with-foo が指定されていた場合に with_foo が定義される。
  • %bcond_without foo は rpmbuild で --without-foo が指定されていない限り with_foo が定義される。

例:
以下の例ではデフォルトでビルドした場合は bar のみが定義されます。

%bcond_with foo
%bcond_without bar

%if %{with foo}
BuildRequires: foo-devel
%endif
%if %{with bar}
BuildRequires: bar-devel
%endif

%configure .... \
%{?with_foo:--with-foo} \
%{?with_bar:--with-bar}

%{?_dist_release} による条件分岐

%if における条件式内の論理積と論理和は、 それぞれ &&, || を用います。 シェルスクリプトの if 文における条件式内の論理積 -a、 論理和 -o と間違って使いかねないので、注意が必要です。

%if %{?_dist_release} == "vl5" || %{?_dist_release} == "vl6"
Requires:	mesa-libGL
Requires(post):		xorg-x11-devel 
Requires(post):		mesa-libGL-devel
%endif
%if %{?_dist_release} == "vl4"
Requires:	XOrg-gl
Requires(post):		XOrg-devel 
Requires(post):		XOrg-gl-devel
%endif