Changes between Version 7 and Version 8 of Developers/inagaki


Ignore:
Timestamp:
2014/09/06 14:02:46 (7 years ago)
Author:
inagaki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Developers/inagaki

    v7 v8  
    33== !MacBook Pro 上での Vine Linux 環境構築 == 
    44 
    5 !MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013) に Vine Linux 6.2 をインストール→Seed化した話をメモる予定 
     5!MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013) に Vine Linux 6.2 をインストール→Seed 化した際の備忘録 
    66 
    7 メインパーティションに Mac OS X を維持しつつ、他のパーティションに Vine Linux 環境を構築します。昨今のスペックのPCであれば、仮想環境上にLinux環境を構築しても実用には耐え得ると思うのですが、!MacBook Pro に搭載された Haswell でのベンチマークが必要かつ、他に実機がないという状況が生じたので(笑)トライに至りました。 
     7先頭パーティションに Mac OS X を維持しつつ、他のパーティションに Vine Linux 環境を構築します。昨今のスペックのPCであれば、仮想環境上にLinux環境を構築しても実用には耐え得ると思うのですが、!MacBook Pro に搭載された Haswell でのベンチマークが必要かつ、他に実機がないという状況が生じたので(笑)トライに至りました。 
    88 
    9 VIne Linux 6.2 であればインストール自体はつつがなく進むのですが、Mac 標準の起動ボリューム選択や rEFInd では、インストールパーティションの先頭セクタに書き込まれた GRUB ブートローダの認識(読み込み?)に失敗して停止してしまいます(先頭パーティションにインストールした場合は起動できるようですが、未挑戦なのでここでは割愛)。そこで、!MacBook Pro の EFI パーティションに GRUB2 の EFI バイナリをインストールし、そこからインストールパーティションのカーネルイメージを直接読み込むことでこの問題を回避します。 
     9Vine Linux 6.2 であれば !MacBook Pro であってもインストール自体はつつがなく進行するのですが、Mac 標準の起動ボリューム選択や rEFInd では、インストールパーティションの先頭セクタに書き込まれた GRUB ブートローダの認識(読み込み?)に失敗して起動できません(先頭パーティションにインストールした場合は起動できるようですが、未挑戦なのでここでは割愛)。そこで、!MacBook Pro の EFI パーティションに GRUB2 の EFI バイナリをインストールし、そこからインストールパーティションのカーネルイメージを直接読み込むことでこの問題を回避します。 
    1010 
    1111||= 通常 =||BIOS/UEFI → インストールパーティションの GRUB → インストールパーティションの vmlinuz 読み込み → 起動 || 
     
    2525 [http://www.gnu.org/software/grub/ GNU GRUB]:: rEFInd から呼び出され、Vine Linux のカーネルを読み込みます。バージョンは 2.0 を使用しました。 
    2626 
    27  Linuxマシン:: GRUB2 の EFI バイナリのビルドに必要です。手元に !MacBook しかない場合は・・・仮想環境を構築してLinux環境を用意してください(非仮想環境を目指しているのに仮想環境を用いるという倒錯感を味わえるのでは!)。 
     27 Linuxマシン:: GRUB2 の EFI バイナリのビルドに必要です。手元に !MacBook しかない場合は・・・!VirtualBox 等の仮想環境を構築して Linux 環境を用意してください(非仮想環境を目指しているのに仮想環境を用いるという倒錯感を味わえるのでは!)。 
    2828 
    2929=== パーティションを切る 
     
    3838 
    3939=== Vine Linux のインストール 
    40 用意したパーティションに Vine Linux をインストールします。私の !MacBook ではグラフィカルインストーラで問題なくインストールができました。ファイルシステムは ext3 を利用しました(ext4は試してません)。Vine Linux のインストーラは、インストールパーティションの先頭セクタに GRUB(バージョン1)をインストールしますが、上述したようにこれは使用しません(使用できません)。 
     40用意したパーティションに Vine Linux をインストールします。私の !MacBook ではグラフィカルインストーラで問題なくインストールができました。ファイルシステムは ext3 を利用しました(ext4は試してません)。Vine Linux のインストーラは、インストールパーティションの先頭セクタに GRUB(バージョン1)をインストールしますが、これは使用しません(上述したとおり、使用できません)。 
    4141 
    42 インストールが終わって再起動すると、rEFInd からインストールした Vine Linux のパーティションが選択できるようになりますが、選択しても起動できません。もう少し我慢してください。 
     42インストールが終わって再起動すると、rEFInd からインストールした Vine Linux のパーティションが選択できるようになりますが、選択しても起動できません。もう少し我慢してください。 
    4343 
    4444=== GRUB2 の EFI パーティションへのインストール・設定 
     
    5757}}} 
    5858 
    59 OS X の /EFI フォルダ以下に grub, grub/x86_64-efi フォルダを作成し、できあがった grub.efi を /EFI/grub へ、Linux マシンの grub-core フォルダ内にある組み込まなかったモジュール関連ファイル(*.mod, *.lst) は grub.efi のシェルで組み込めるように OS X の /EFI/grub/x86_64-efi へコピーします。この段階での /EFI 以下のファイル配置は以下のようなイメージです。 
     59OS X の /EFI フォルダ以下に grub, grub/x86_64-efi フォルダを作成し、できあがった grub.efi を /EFI/grub へ、Linux マシンの grub-core フォルダ内にある組み込まなかったモジュール関連ファイル(*.mod, *.lst) は grub.efi のシェルで組み込めるように OS X の /EFI/grub/x86_64-efi へそれぞれコピーします。この段階での /EFI 以下のファイル配置は以下のようなイメージです。 
    6060{{{ 
    6161/EFI 
     
    6363│       ├── grub.efi 
    6464│       └── x86_64-efi 
    65                  ├── *.mod 
    66 │                 └── *.lst 
     65                  ├── *.mod 
     66│                  └── *.lst 
    6767├── refind(rEFInd) 
    6868└── tools