Changes between Version 9 and Version 10 of Developers/inagaki


Ignore:
Timestamp:
2014/10/22 08:43:11 (5 years ago)
Author:
inagaki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Developers/inagaki

    v9 v10  
    33== !MacBook Pro 上での Vine Linux 環境構築 == 
    44 
     5'''''Yosemite 上でテストしていますが rEFInd のインストール方法を変えないといけないようです。ぬーん。''''' 
     6 
    57!MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013) に Vine Linux 6.2 をインストール→Seed 化した際の備忘録。 
    68 
    7 先頭パーティションに Mac OS X を維持しつつ、他のパーティションに Vine Linux 環境を構築します。昨今のスペックのPCであれば、仮想環境上にLinux環境を構築しても実用には耐え得ると思うのですが、!MacBook Pro に搭載された Haswell でのベンチマークが必要かつ、他に実機がないという状況が生じたので(笑)トライに至りました。 
     9先頭パーティションに Mac OS X (Mavericks) を維持しつつ、他のパーティションに Vine Linux 環境を構築します。昨今のスペックのPCであれば、仮想環境上にLinux環境を構築しても実用には耐え得ると思うのですが、!MacBook Pro に搭載された Haswell でのベンチマークが必要かつ、他に実機がないという状況が生じたので(笑)トライに至りました。 
    810 
    911Vine Linux 6.2 であれば !MacBook Pro であってもインストール自体はつつがなく進行するのですが、Mac 標準の起動ボリューム選択や rEFInd では、インストールパーティションの先頭セクタに書き込まれた GRUB ブートローダの認識(読み込み?)に失敗して起動できません(先頭パーティションにインストールした場合は起動できるようですが、未挑戦なのでここでは割愛)。そこで、!MacBook Pro の EFI パーティションに GRUB2 の EFI バイナリをインストールし、そこからインストールパーティションのカーネルイメージを直接読み込むことでこの問題を回避します。