source: projects/web/trunk/news/20100831-2.dat @ 1750

Revision 1750, 2.6 KB checked in by daisuke, 12 years ago (diff)
Line 
1<date>
22010,09,03
3
4<title>
5Vine Linux 5CR ダウンロード販売開始
6
7<description>
8<img src="/news/20100723-1/screenshot-n-brain-vine5cr.png" align="right" />
9<p>
10日本ブレインウェアおよびヴァインカーブから<a href="http://www.n-brain.co.jp/vine/">
11「Vine Linux 5CR」製品版が9月3日より販売開始されました。</a>
12今回からパッケージ製品ではなく、ダウンロードによる販売形態となります。
13</p>
14<h2>Vine Linux 5CRの特徴</h2>
15<dl>
16 <dt>軽量・高速</dt>
17 <dd>起動時のメモリ消費量を軽減し、前バージョンと比べ約半分の起動時間に軽減</dd>
18 <dt>対応アーキテクチャ</dt>
19 <dd>Intel 32ビットアーキテクチャ互換PCおよびAMD64/Intel64 の64ビットアーキテクチャに対応致しました。</dd>
20 <dt>ルック&フィールの改善</dt>
21 <dd>起動時のコンソールの隠蔽<br/>
22     bootsplash による起動時および終了時のスプラッシュスクリーン</dd>
23 <dt>商用日本語フォント</dt>
24 <dd>TrueType フォントとしてリコー社製フォント8書体、ダイナコムウェア社製フォント5書体を採用しました。</dd>
25 <dt>商用アプリケーション</dt>
26 <dd>アドビシステムズ社製 Adobe Reader 9.3.2 および最新の Adobe Flash Player 10.1 を採用しました。</dd>
27 <dt>パッケージ管理ツール・機構の拡充</dt>
28 <dd><ul>
29   <li>アップデートマネージャの採用<br/>
30       GNOME 利用時に通知スペースにパッケージ更新情報を表示</li>
31   <li>おすすめパッケージの簡易インストールツール</li>
32   <li>自動パッケージ生成</br>
33       self-build システムにより配布に制限のあるパッケージなどをインストール時に自動的にビルドしてインストール</li>
34   <li>動的なカーネルモジュール生成<br/>
35       dkms による自動的なカーネルモジュールの生成</li>
36 </ul></dd>
37 <dt>サポートサービス</dt>
38 <dd>30日間のインストールメールサポートサービスが付属しています。</dd>
39<dl>
40<p>
41詳しくは、<a href="http://vinelinux.org/aboutvine5cr.html">Vine Linux 5CR の情報</a>を参照してください。
42</p>
43
44<h2>お問い合せ、ご購入先</h2>
45<p>
46Vine Linux 5CR に関するお問い合せまたはご購入は、
47<a href="http://www.n-brain.co.jp/vine">株式会社日本ブレインウェア</a>
48または<a href="http://vinecaves.com/">有限会社ヴァインカーブ</a>までお願いします。
49</p>
50<a href="http://www.n-brain.co.jp/shop/"><img src="http://www.n-brain.co.jp/vine/image/b_download.jpg"></a>
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.