source: projects/vine-cui-guide/trunk/help/shutdown.xml @ 2922

Revision 2922, 2.7 KB checked in by yasumichi, 11 years ago (diff)

Vine-manual から CUI ガイドを分離

Line 
1<chapter id="cui-shutdown">
2        <title>システムの停止</title>
3        <para>システムを停止したいときは、いきなり電源を落してはいけません。電源を切る場合は以下のように<command>shutdown</command>コマンドを実行してください。</para>
4        <screen># shutdown -h now</screen>
5        <para>通常、<command>shutdown</command><ulink url="root.html">root権限</ulink>で行いますが、Vine Linux のデフォルトの設定では一般ユーザでも shutdown を行う事ができる様になっています。</para>
6        <para><command>shutdown</command> を実行してしばらくすると自動電源 off 機能があるコンピュータの場合は自動的に電源が切れます。切れない場合には、『System halted.』あるいは『Power down.』『Power off.』といったメッセージが表示された後、アクセスランプなどでハードディスクが動作していないのを確認した上、電源スイッチを切ってください。</para>
7        <note>
8                <title>他の停止方法</title>
9                <para>この他にも以下の方法でシステムを停止することができます。いずれの方法を使っても構いません。</para>
10                <screen># halt -p</screen>
11                <screen># /sbin/telinit 0</screen>
12                <para>これらの場合も自動的に電源が切れますが、切れない場合は shutdown の場合と同様に対処して下さい。</para>
13        </note>
14
15        <para>停止後すぐに再起動(reboot)したい時には、以下のように<command>shutdown</command>コマンドに<option>-r</option>オプションを付けて実行します。</para>
16        <screen># shutdown -r now</screen>
17        <note>
18                <title>他の再起動方法</title>
19                <para>この他にも以下の方法でシステムを再起動することができます。いずれの方法を使っても構いません。</para>
20                <screen># reboot</screen>
21                <screen># /sbin/telinit 6</screen>
22        </note>
23        <important>
24                <title>shutdownの遅延指定や警告メッセージ</title>
25                <para>nowの代わりに時刻を指定することでshutdownの実行時間を制御することができます。</para>
26                <screen># shutdown -h 12:10</screen>
27                <para>この様にすると12:10にshutdownを開始します。また、何分後という指定も可能です。</para>
28                <screen># shutdown -r +5</screen>
29                <para>ちなみにnowは、+0のエイリアスです。</para>
30                <para>なお、shutdown時刻の指定の後に全てのユーザに送る警告メッセージを指定する事も可能です。</para>
31                <screen># shutdown -r +5 'maintenance reboot 5 minites ago.'</screen>
32                <para>詳しくは、shutdownのマニュアルをご覧ください。</para>
33        </important>
34</chapter>
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.