source: projects/vine-cui-guide/trunk/help/kernel-upgrade.xml @ 7694

Revision 7694, 24.0 KB checked in by yasumichi, 9 years ago (diff)

root 権限での実行を sudo に置き換え

Line 
1<!--DOCTYPE chapter PUBLIC "-//OASIS//DTD DocBook V4.2//EN"-->
2
3<chapter id="kernel-upgrade">
4  <title>カーネルのアップグレード、設定の方法</title>
5
6<!--docinfo>
7
8  <authorgroup>
9    <author>
10      <firstname>Daisuke</firstname>
11      <surname>SUZUKI</surname>
12    </author>
13    <author>
14      <firstname>Shoji</firstname>
15      <surname>MATSUMOTO</surname>
16    </author>
17    <author>
18      <firstname>Masaki</firstname>
19      <surname>Kawamura</surname>
20    </author>
21    <editor>
22      <firstname>Takuya</firstname>
23      <surname>Kobayashi</surname>
24    </editor>
25    <othercredit>
26      <firstname>Ryoichi</firstname>
27      <surname>INAGAKI</surname>
28      <contrib>Convertion Linuxdoc to DocBook</contrib>
29    </othercredit>
30  </authorgroup>
31
32  <abstract>
33    <para>
34Vine Linuxのカーネルには、標準で配布されているカーネルソースに加えて、様々な改良、コンフィギュアが施されています。また、種々のシステムのサービスを簡単に利用できるように、多くのハードウェアに対応できるようになっています。配布されているカーネルを自分でコンパイルして利用することもできますが、様々な不整合が起こる可能性もあるため、あまりお勧めできません。この文書には、Project Vine が配布しているカーネルパッケージのアップグレードと設定方法が書いてあります。ここでは、対応アーキテクチャを i386 に限定します。
35     </para>
36  </abstract>
37
38  <pubdate>2007/9/29</pubdate>
39</docinfo-->
40
41
42<sect1 id="kernel-upgrade-1">
43<title>カーネルパッケージ</title>
44 
45<sect2 id="version">
46<title>カーネルパッケージのバージョン</title>
47
48<para>
49Vine Linuxのカーネルパッケージでは、&lt;バージョン&gt;にはカーネルのバージョン、&lt;リリース番号&gt;は、
50<computeroutput>0vl&lt;Vine のリリース番号&gt;</computeroutput>
51の形になっています。
52</para>
53
54<para>
55この文書では、カーネルのバージョンを<emphasis>VER</emphasis>
56リリース番号を<emphasis>REL</emphasis>
57アーキテクチャを<emphasis>ARC</emphasis>とします。kernel-2.6.16-0vl60.i386 であれば、
58<emphasis>VER</emphasis> を 2.6.16、<emphasis>REL</emphasis> を 0vl60、<emphasis>ARC</emphasis> を i386
59と読み換えてください。
60</para>
61
62</sect2>
63
64
65<sect2 id="kernel-packages">
66<title>カーネルパッケージの構成</title>
67
68<variablelist>
69
70<varlistentry>
71 <term>
72   <filename>
73     kernel-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.src.rpm
74   </filename>
75 </term>
76 <listitem>
77 <para>
78   カーネルのソースRPMパッケージです。カーネルRPMを自分でコンパイルする場合に利用され、
79以下のバイナリパッケージすべてを生成します。
80 </para>
81 </listitem>
82</varlistentry>
83
84<varlistentry>
85 <term>
86   <filename>
87     kernel-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm
88   </filename>
89 </term>
90 <listitem>
91 <para>
92   カーネル本体とカーネルモジュールが含まれています。複数のカーネルパッケージを同時にインストールすることができます。
93 </para>
94 <para>
95   Vine 3.x までは SMPカーネルがありましたが、Vine Linux 4.0 からは標準のカーネルで SMP 対応になっています。
96 </para>
97 </listitem>
98</varlistentry>
99
100<varlistentry>
101 <term>
102   <filename>
103     kernel-source-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm
104   </filename>
105 </term>
106 <listitem>
107 <para>
108カーネルのソースです。<filename class="directory">/usr/src/linux-VER</filename> にインストールされます。複数のリビジョンを同時にインストールすることはできませんが、複数のバージョンをインストールすることはできます。
109 </para>
110 </listitem>
111</varlistentry>
112
113<varlistentry>
114 <term>
115   <filename>
116     kernel-doc-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm
117   </filename>
118 </term>
119 <listitem>
120 <para>
121カーネルのドキュメントです。<filename class="directory">/usr/share/doc/kernel-<replaceable>VER</replaceable></filename> にインストールされ、カーネルの設定などに必要な情報が書かれています。複数のリビジョンを同時にインストールすることはできませんが、複数のバージョンをインストールすることはできます。
122 </para>
123 </listitem>
124</varlistentry>
125
126<varlistentry>
127 <term>
128   <filename>
129     kernel-devel-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm
130   </filename>
131 </term>
132 <listitem>
133 <para>
134カーネル用のモジュールを構築するための開発パッケージです。<filename class="directory">/usr/src/kernels/VER-REL-ARC</filename> にインストールされます。複数のリビジョンを同時にインストールすることはできませんが、複数のバージョンをインストールすることはできます。
135 </para>
136 </listitem>
137</varlistentry>
138
139</variablelist>
140
141<note><title>一般的なアプリケーションの開発に必要なパッケージについて</title>
142<para>
143kernel 2.4 の時の kernel-<emphasis>headers</emphasis> のパッケージは、
144kernel 2.6 では kernel-<emphasis>devel</emphasis> と <emphasis>glibc-kernheaders</emphasis> の 2つのパッケージになりました。
145</para>
146
147<para>
148glibc-devel が必要としていた kernel-headers の中の一般的なアプリケーション用のヘッダーファイルは
149glibc-kernheaders のパッケージに含まれるようになりました。
150</para>
151<para>
152glibc-kernheaders は kernel-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.src.rpm からは作成されません。
153そのため、kernel の特定のバージョンに依存することはなくなりました。
154</para>
155</note>
156
157</sect2>
158</sect1>
159
160
161<sect1 id="kernel-upgrade-2">
162<title>カーネルパッケージのアップグレード</title>
163
164<para>
165Vine Linuxのカーネルパッケージは、他のパッケージと同様に RPM 形式で配
166布されていますが、他のパッケージのように rpm -Uvhでアップグレードする
167ことはできません。以下の手順に従ってアップグレードしてください。
168</para>
169
170<para>
171最低限必要なパッケージは、
172</para>
173
174<itemizedlist>
175
176  <listitem>
177  <para><filename>
178    kernel-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm
179  </filename></para>
180  </listitem> 
181
182</itemizedlist>
183
184<para>
185です。必要なパッケージにアクセスできるようにしておいてください。/root にコピーしておくのが最も安全でしょう。
186</para>
187
188<!--
189<para>
190もし、SMPカーネルを必要とする場合は、
191<filename>kernel-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm</filename>
192ではなく、
193<filename>kernel-smp-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm</filename>をお使い下さい。また、以下では適宜読み変えて下さい。
194</para>
195-->
196
197<para>
198まず、新しいカーネルパッケージをインストールします。
199</para>
200
201<screen>$ sudo rpm -<emphasis>i</emphasis>vh kernel-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm</screen>
202
203<para>
204または、
205</para>
206
207<screen>$ sudo apt-get install kernel-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm</screen>
208
209<para>
210<command>apt-cache</command>を使用した場合、
211インストール可能なカーネルパッケージの候補がインストール済みカーネルとともに表示されます。
212どのバージョンのパッケージがインストール済みかについては
213<command>rpm</command>コマンドの<option>-q</option>オプション を利用してください。
214</para>
215
216<screen>
217$ apt-cache show kernel
218<computeroutput>kernel は以下のパッケージで提供されているバーチャルパッケージです。
219  kernel#2.6.16-0vl60 2.6.16-0vl60
220  kernel#2.6.16-0vl60 2.6.16-0vl60
221  kernel#2.6.16-0vl61 2.6.16-0vl61
222  kernel#2.6.16-0vl61 2.6.16-0vl61
223  kernel#2.6.16-0vl62 2.6.16-0vl62
224  kernel#2.6.16-0vl62 2.6.16-0vl62
225表示するパッケージを明示的に選択する必要があります。
226E: パッケージ kernel は複数のパッケージで提供されているバーチャルパッケージです。
227</computeroutput>
228$ rpm -q kernel
229<computeroutput>kernel-2.6.16-0vl60
230</computeroutput>
231</screen>
232
233<para>
234この場合、インストールするパッケージを選択する必要があります。例えば、最後のパッケージをインストールする場合、以下のようにバージョンを指定します。
235</para>
236
237<screen>
238$ sudo apt-get install kernel#2.6.16-0vl62
239<computeroutput>パッケージリストを読みこんでいます... 完了
240依存情報ツリーを作成しています... 完了
241以下のパッケージが新たにインストールされます:
242  kernel#2.6.16-0vl62
243アップグレード: 0 個, 新規インストール: 1 個, 削除: 0 個, 保留: 19 個
24411.6MB のアーカイブを取得する必要があります。
245展開後に 26.1MB のディスク容量が追加消費されます。
246取得:1 http://updates.vinelinux.org/apt 4.1/i386/main kernel#2.6.16-0vl62 2.6.16-0vl62 [11.6MB]
24711.6MB を 0s 秒で取得しました (20.8MB/s)
248変更を適用しています...
249Preparing...                ########################################### [100%]
250   1:kernel                 ########################################### [100%]
251完了
252</computeroutput>
253</screen>
254
255<para>
256インストールするパッケージを選択しなかった場合には、
257まだインストールされていないものの中でバージョンの一番新しいものがインストールされます。</para>
258<para>
259kernel#2.6.16-0vl62 をインストールしてなければ kernel#2.6.16-0vl62 が、
260kernel#2.6.16-0vl62 をインストールしてあれば kernel#2.6.16-0vl61 がインストールされることになります。
261</para>
262
263<screen>
264$ sudo apt-get install kernel
265<computeroutput>パッケージリストを読みこんでいます... 完了
266依存情報ツリーを作成しています... 完了
267'kernel' として kernel#2.6.16-0vl61 を選択しました
268以下のパッケージが新たにインストールされます:
269  kernel#2.6.16-0vl61
270アップグレード: 0 個, 新規インストール: 1 個, 削除: 0 個, 保留: 1 個
27111.6MB のアーカイブを取得する必要があります。
272展開後に 46.1MB のディスク容量が追加消費されます。
273取得:1 http://updates.vinelinux.org/apt 4.1/i386/main kernel#2.6.16-0vl61 2.6.16-0vl61 [11.6MB]
27411.6MB を 0s 秒で取得しました (20.8MB/s)
275変更を適用しています...
276準備中...                   ########################################### [100%]
277   1:kernel                 ########################################### [100%]
278完了
279</computeroutput>
280</screen>
281
282<sect2 id="kernel-upgrade-3">
283  <title>アップグレード作業の終了</title>
284  <para>
285カーネルソースやドキュメントやモジュール構築用の開発パッケージが必要ならばインストールします。
286  </para>
287
288<screen>$ sudo rpm -Uvh kernel-doc-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm
289$ sudo rpm -Uvh kernel-source-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm
290$ sudo rpm -Uvh kernel-devel-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.i386.rpm</screen>
291
292  <para>
293または
294  </para>
295
296  <screen>$ sudo apt-get install kernel-{doc,source,devel}</screen>
297
298  <para>
299これでパッケージのアップグレードは終了です。マシンを再起動します。
300  </para>
301
302  <screen>$ /sbin/shutdown -r now</screen>
303  <note>
304    <title>ブートローダの設定について (i386)</title>
305    <para>Vine Linux 4.0から導入されたカーネルパッケージのアップグレード機構とブートローダGRUBの組合せにより、インストールされたままの設定であれば、特にブートローダの設定を変更する必要がありません。</para>
306
307    <para>なお、GRUBの設定ファイルは<filename>/boot/grub/menu.lst</filename>です。LILOと違い、設定ファイルを変更してもブートレコードの書き換えが必要ないのが特徴です。</para>
308
309    <para>GRUBの設定ファイルは<emphasis>最後にインストールしたカーネル</emphasis>で起動するように設計されています。</para>
310    <para>また、選択肢として、その一つ前にインストールしたカーネルがメニューにあります。</para>
311    <para>インストールした順番が基準となるので、バージョンを比較して新しいものを起動するわけではありませんが、
312    通常のアップグレードであれば、最後にインストールしたカーネルが最新のバージョンのカーネルとなります。</para>
313
314  </note>
315
316<varlistentry>
317  <term>■GRUBの設定</term>
318  <listitem>
319  <para>
320最後にインストールしたカーネル、その前にインストールしたカーネルのような指定ではなく、特定のバージョンのカーネルで起動できるようにするには、ブートローダである <application>GRUB</application> の設定ファイル <filename>/boot/grub/menu.lst</filename> をエディタを使って編集します。GNOME をインストールしてあれば、<command>boot-admin</command>コマンドを利用することもできます。menu.lst の書式などについては <command>info grub</command> を参照してください。
321  </para>
322
323  <para>安定バージョン(STABLE KERNEL)が 2.6.16-0vl60、テストバージョン(TEST KERNEL)が 2.6.16-0vl60<emphasis>.1</emphasis>
324として Grub のメニューに追加するには次のようにします。</para>
325  <para>もともとある (Current kernel) のエントリをコピーして title の行と kernel の行の vmlinuz のバージョン と initrd の行の initrd.img のバージョンを指定します。</para>
326
327<example id="add_new_entry_to_menu.lst"><title>GRUB の設定ファイル menu.lst に新しいエントリを追加する</title>
328<screen>
329default=0
330timeout=5
331
332title Vine Linux (Current kernel)
333        root (hd0,1)
334        kernel <emphasis>/boot/vmlinuz</emphasis> ro root=/dev/hda2 resume2=swap:/dev/hda3 vga=0x314
335        initrd <emphasis>/boot/initrd.img</emphasis>
336        savedefault
337
338title Vine Linux (Previous kernel)
339        root (hd0,1)
340        kernel <emphasis>/boot/vmlinuz.old</emphasis> ro root=/dev/hda2 resume2=swap:/dev/hda3 vga=0x314
341        initrd <emphasis>/boot/initrd.old.img</emphasis>
342        savedefault
343
344追加title Vine Linux (STABLE KERNEL)
345追加      root (hd0,1)
346追加      kernel /boot/vmlinuz<emphasis>-2.6.16-0vl60</emphasis> ro root=/dev/hda2 resume2=swap:/dev/hda3 vga=0x314
347追加      initrd /boot/initrd<emphasis>-2.6.16-0vl60</emphasis>.img
348追加
349追加title Vine Linux (TEST KERNEL)
350追加      root (hd0,1)
351追加      kernel /boot/vmlinuz<emphasis>-2.6.16-0vl60.1</emphasis> ro root=/dev/hda2 resume2=swap:/dev/hda3 vga=0x314
352追加      initrd /boot/initrd<emphasis>-2.6.16-0vl60.1</emphasis>.img</screen></example>
353
354  </listitem>
355
356</varlistentry>
357
358  <note>
359    <title>ブートローダの設定について (ppc)</title>
360    <para>Vine Linux 4.0から導入されたカーネルパッケージのアップグレード機構とブートローダyabootの組合せにより、インストールされたままの設定であれば、特にブートローダの設定を変更する必要がありません。ただし、yabootの設定ファイルに変更を加えた場合は、必ずroot権限で以下のコマンドを実行し、ブートストラップパーティションに反映させて下さい。</para>
361  <screen>$ sudo /sbin/mkofboot -v</screen>
362
363    <para>なお、yabootの設定ファイルは<filename>/etc/yaboot.conf</filename>です。</para>
364
365    <para>yabootの設定ファイルは<emphasis>最後にインストールしたカーネル</emphasis>で起動するように設計されています。</para>
366    <para>また、選択肢として、その一つ前にインストールしたカーネルがメニューにあります。</para>
367    <para>インストールした順番が基準となるので、バージョンを比較して新しいものを起動するわけではありませんが、
368    通常のアップグレードであれば、最後にインストールしたカーネルが最新のバージョンのカーネルとなります。</para>
369
370  </note>
371
372<varlistentry>
373  <term>■yabootの設定</term>
374  <listitem>
375  <para>
376最後にインストールしたカーネル、その前にインストールしたカーネルのような指定ではなく、特定のバージョンのカーネルで起動できるようにするには、ブートローダである <application>yaboot</application> の設定ファイル <filename>/etc/yaboot.conf</filename> をエディタを使って編集します。yaboot.conf の書式などについては <command>man yaboot.conf</command> を参照してください。この yaboot.conf の設定を変更することにより、デフォルトで起動する OS (Mac OS / Mac OS X / Linux など) を切替えたりすることもできます。
377  </para>
378
379  <para>安定バージョン(STABLE KERNEL)が 2.6.16-0vl60、テストバージョン(TEST KERNEL)が 2.6.16-0vl60<emphasis>.1</emphasis>
380として yaboot のメニューに追加するには次のようにします。</para>
381  <para>もともとある、ラベル linux のエントリをコピーして image の行の vmlinux のバージョン と initrd の行の initrd.img のバージョンを指定します。</para>
382
383<example id="add_new_entry_to_yaboot.conf"><title>yaboot の設定ファイル yaboot.conf に新しいエントリを追加する</title>
384<screen>
385
386(...前半は省略...)
387
388image=hd:11,/boot/vmlinux
389        label=linux
390        read-only
391        initrd=/boot/initrd.img
392        append="root=LABEL=/"
393
394image=hd:11,/boot/vmlinux.old
395        label=linux-old
396        read-only
397        initrd=/boot/initrd.old.img
398        append="root=LABEL=/"
399
400追加image=hd:11,/boot/vmlinux<emphasis>-2.6.16-0vl60</emphasis>
401追加      label=linux<emphasis>-2.6.16-0vl60</emphasis>
402追加      read-only
403追加      initrd=/boot/initrd<emphasis>-2.6.16-0vl60</emphasis>.img
404追加      append="root=LABEL=/"
405
406追加image=hd:11,/boot/vmlinux<emphasis>-2.6.16-0vl60.1</emphasis>
407追加      label=linux<emphasis>-2.6.16-0vl60.1</emphasis>
408追加      read-only
409追加      initrd=/boot/initrd<emphasis>-2.6.16-0vl60.1</emphasis>.img
410追加      append="root=LABEL=/"</screen></example>
411
412  </listitem>
413
414</varlistentry>
415
416</sect2>
417
418
419<sect2 id="buildkernel">
420<title>カーネルを自分の設定で作り直す</title>
421
422<para>
423標準の設定ではハードウェアが動かない場合、必要なサービスが設定されてい
424ない場合、カーネルをシェイプアップしたい場合などには、カーネルを自分の
425設定で作りなおすことができます。自分でカーネルソースを取ってきてコンパ
426イルすることもできますが、Vine Linux 用に配布されているカーネルパッケー
427ジから自分用のカーネルパッケージを作成しなおすほうが安全で簡単です。
428</para>
429
430
431<variablelist>
432
433<varlistentry>
434<term>■カーネルパッケージを作り直す</term>
435<listitem>
436
437<para>
438Project Vine から配布されているカーネルパッケージから、自分で設定をしなおしたパッケージを作成することができます。生成したパッケージは、「<link linkend="kernel-upgrade-2">カーネルパッケージのアップグレード</link>」の手順に従って扱うことができます。
439</para>
440
441<para>
442Vine Linuxには <application>mkkpkg</application> というスクリプトが含まれており、これを利用することで簡単にカーネルパッケージを作成することができます。
443</para>
444
445<para>
446カーネルの設定方法はデフォルトで menuconfig です。変更したい場合は、引数の最後に「config」や「xconfig」をつけ加えることができます。
447</para>
448
449<screen>$ /usr/sbin/mkkpkg <replaceable>&lt;ソースパッケージのあるディレクトリ&gt;</replaceable>/kernel-<replaceable>VER</replaceable>-<replaceable>REL</replaceable>.src.rpm</screen>
450
451<para>
452このスクリプトでは、生成するパッケージのリビジョン番号を指定できます。バー
453ジョン管理のために、「.&lt;自分用のリビジョン&gt;」を付加するのがお勧め
454です。例えば、kernel-2.6.16-0vl2 に対しては、リビジョンを「0vl2.1」
455「0vl2.2」「0vl2.3」…とするのがお勧めです。
456</para>
457
458<para>
459カーネルパッケージは標準で <filename
460class="directory">~/rpm/RPMS/i386/</filename> と <filename
461class="directory">~/rpm/SRPMS/</filename> ディレクトリ内に作成され
462ます。
463</para>
464
465</listitem>
466</varlistentry>
467
468<varlistentry>
469<term>■ソースツリーから作成する</term>
470<listitem>
471<para>
472インストールされたカーネルソースや、自分で取ってきたカーネルソースを利用してカーネルを作ることもできますが、RPM の管理を壊してしまう可能性があるため、あまりお勧めできません。Vine Linuxのシステム構成やカーネルについて熟知した上で行ってください。
473</para>
474
475<para>
476標準のカーネルパッケージに含まれていないパッチを利用したい場合はにこの方法がお手軽ですが、mkkpkg の途中で spec ファイルを編集してちゃんとしたパッケージを作るのが理想的です。
477</para>
478
479<screen>$ cd /usr/src/linux-VER
480$ sudo make <replaceable>menuconfig</replaceable></screen>
481
482<para>
483で自分好みの設定に変えます。設定を保存したら、
484</para>
485
486<screen>$ sudo make dep clean bzImage modules modules_install</screen>
487
488<para>
489とします。
490</para>
491
492<para>
493make menuconfig の前に
494<screen>$ sudo cp configs/kernel-VERSION-ARC.config .config
495$ sudo make oldconfig</screen>
496とすると、あらかじめ Vine Linux 用に設定されたものを用いることができます。
497そのあとで make menuconfig などを行って自分好みの設定を行ってください。
498</para>
499
500<blockquote>
501  <itemizedlist>
502 
503  <listitem>
504    <para>
505/ (ルートパーティション)が SCSI ディスク上や SATA のディスク上にある場合は
506    </para>
507
508    <screen>$ sudo /sbin/mkinitrd /boot/initrd-<replaceable>VER</replaceable>.img <replaceable>VER</replaceable></screen>
509
510    <para>
511を実行します。
512    </para>
513  </listitem>
514  </itemizedlist>
515</blockquote>
516
517</listitem>
518</varlistentry>
519
520<varlistentry>
521<term>■仕上げ</term>
522<listitem>
523<para>
524最後に作成された vmlinuz と System.map を <filename 
525class="directory">/boot</filename> にインストールします。
526</para>
527
528<!--
529<screen>
530# /sbin/installkernel <replaceable>VER</replaceable> arch/i386/boot/bzImage System.map
531</screen>
532-->
533
534<screen>$ sudo make install</screen>
535
536<para>
537<filename>/boot/vmlinuz</filename> と <filename>/boot/System.map</filename> といったようにバージョンなどのつかない名前になるので、必要であれば
538<screen>cp /boot/vmlinuz /boot/vmlinuz-<replaceable>VER-REL</replaceable>
539cp /boot/System.map /boot/System.map-<replaceable>VER-REL</replaceable></screen>
540のようにバージョンも付けた名前でコピーを作成してください。</para>
541
542<para>以上の作業が終了したら、新しいカーネルで起動できる様に<filename>/boot/grub/menu.lst</filename>を編集してください。</para>
543</listitem>
544</varlistentry>
545</variablelist>
546
547</sect2>
548</sect1>
549
550<!--appendix id="copyrights">
551<title>著作権</title>
552
553<para>
554この文書は松本庄司(MATSUMOTO Shoji)による著作物で、著作権は著者が有しま
555す。改変、再配布についての許諾、バグ報告は <ulink url="mailto:vine@flatout.org">Project Vine</ulink> までお願いします。
556</para>
557<para>
5582006年11月11日 追記
559ドキュメントチーム発足後、オンラインマニュアルは GFDL (http://www.gnu.org/licenses/fdl.html) となっており、
560Kernel 2.4 から 2.6 への変更に際してはドキュメントチームが改編しています。
561</para>
562</appendix-->
563
564</chapter>
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.