source: projects/vine-cui-guide/trunk/help/file-system.xml @ 7694

Revision 7694, 5.5 KB checked in by yasumichi, 9 years ago (diff)

root 権限での実行を sudo に置き換え

Line 
1<chapter id="file-system">
2        <title>ファイルシステムの管理</title>
3        <para>ディレクトリやファイルを管理するシステム全体をファイルシステムと言います。</para>
4        <sect1 id="df">
5                <title>ファイルシステム使用状況の確認</title>
6                <para>ファイルシステムの使用状況を確認するには、<command>df</command>コマンドを使います。</para>
7<screen>
8ファイルシステム     1K-ブロック  使用        空き 使用% マウント位置
9/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
10                     478581664  71553640 382717448  16% /
11/dev/sda1               101086     32605     63262  35% /boot
12none                   1993716       384   1993332   1% /dev/shm
13</screen>
14                <para>オプション<option>-h(--human-readable)</option>を使うと容量を人間に見やすい形式で表示できます。</para>
15
16<screen>
17ファイルシステム    サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
18/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
19                      457G   69G  365G  16% /
20/dev/sda1              99M   32M   62M  35% /boot
21none                  2.0G  384K  2.0G   1% /dev/shm
22</screen>
23                <para>その他のオプションについては、<screen>$ df --help</screen>で確認できます。より詳しく知りたい場合は、<screen>$ man df</screen>として確認してください。</para>
24        </sect1>
25        <sect1 id="gnome-mount">
26                <title>ファイルシステムのマウント</title>
27                <important>
28                        <title>/etc/fstab が変わっているので、マウントする方法も変わります。</title>
29                        <para>
30                                Vine 4.0 からは GNOME で Auto Mount を利用できるようにするために、
31                                <filename>/etc/fstab</filename> の /dev/cdrom 等の記述がなくなっているので、
32                                従来のように <command>mount</command>コマンドを用いる方法では、一般ユーザーは利用できません。
33                                また、従来のように /etc/fstab を用いて一般ユーザーでも mount できるようにする方法は説明しますが、
34                                この方法を用いることは<emphasis>推奨しません</emphasis>
35                        </para>
36                </important>
37                <para>マウントするには、gnome-mount というパッケージに入っている
38                        <command>gnome-mount</command> , <command>gnome-umount</command> というコマンドを用います。</para>
39
40                <note><title>gnome-mount,gnome-umount は X Window System (GNOME) を起動していない状態でも使用できます。</title></note>
41
42                <para>マウントするにはそれぞれ次のようにします。</para>
43<screen>$ <command>gnome-mount -t -d /dev/cdrom</command>
44gnome-mount 0.4
45Resolved device file /dev/cdrom -&gt; /dev/hdc
46Mounted /dev/cdrom at "/media/cdrom"</screen>
47
48<screen>$ <command>gnome-mount -t -d /dev/floppy-fd0</command>
49<computeroutput>gnome-mount 0.4
50Resolved device file /dev/floppy-fd0 -&gt; /dev/fd0
51Mounted /dev/fd0 at "/media/floppy"</computeroutput></screen>
52
53                <para><filename class="directory">/media/cdrom</filename> や <filename class="directory">/media/floppy</filename>
54                        などのように <filename class="directory">/media</filename>以下に適当なディレクトリが作成されマウントされます。</para>
55
56                <para><option>-t オプション</option> はマウント先などを表示するためのオプションです。</para>
57
58                <para>GNOME 上であれば、<filename class="directory">/media/Vine Linux 4.1 for IA32</filename> のようにメディアの名前が利用されます。また、コンソールであれば <filename class="directory">/media/cdrom</filename> になるなどマウント場所はかわります。</para>
59
60                <note>
61                        <title>WARNING が出てマウントできない場合には</title>
62                        <para>/media というディレクトリが無いと、次のような WARNING のメッセージが出てマウントできません。
63                                <screen>** (gnome-mount:5989): WARNING **: Mount failed for /org/freedesktop/Hal/devices/volume_label_Vine_Linux_4_1_for_IA32
64                                        org.freedesktop.Hal.Device.UnknownError : An unknown error occured</screen>
65                                gnome-mount:5989 の数字の部分は実行する時によって変わります。
66                                また volume_label_Vine_Linux_4_1_for_IA32 の部分はマウントしようとするメディアによって変わります。
67                        </para>
68
69                        <para><ulink url="root.html">root権限で</ulink>次のようにしてディレクトリを作成してください。
70                                <screen>$ sudo <command>mkdir /media</command></screen>
71                        </para>
72                </note>
73
74                <para>マウントを解除(アンマウント)するにはそれぞれ次のようにします。</para>
75
76<screen>$ <command>gnome-umount -t -d /dev/cdrom</command>
77<computeroutput>gnome-mount 0.4
78Resolved device file /dev/cdrom -&gt; /dev/hdc
79Unmounted /dev/hdc.</computeroutput></screen>
80
81<screen>$ <command>gnome-umount -d /dev/floppy-fd0</command>
82<computeroutput>Resolved device file /dev/floppy-fd0 -&gt; /dev/fd0
83Unmounted /dev/fd0.</computeroutput></screen>
84
85                <para>gnome-mount を gnome-<emphasis>u</emphasis>mount にします。</para>
86                <warning><title>注意</title>
87                        <para>CD-ROMやフロッピーディスクなどをマウントした場合は、取り出す前に必ずアンマウントしてください。
88                                ファイルを書き変えたりした場合など、アンマウントせずに取り出すとファイルやメディアが壊れる可能性があります。
89                                また、マウントを解除するまでは CD-ROMドライブ等のEJECTボタンを押してもCD-ROMを取り出すことはできません。</para>
90                </warning>
91        </sect1>
92</chapter>
93
94<!--
95vi:syntax=docbkxml
96-->
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.