source: projects/specs/trunk/e/extractpdfmark/extractpdfmark-vl.spec @ 12269

Revision 12269, 5.2 KB checked in by ara_t, 3 years ago (diff)

extractpdfmark: update to 1.1.0

Line 
1%define name extractpdfmark
2%define version 1.1.0
3%define release 1%{?_dist_release}
4
5Summary: Extract page mode and named destinations as PDFmark from PDF
6Summary(ja): PDFからページモードやリンクの宛先名を抽出しPDFmarkとして保存する
7Name:    %{name}
8Version: %{version}
9Release: %{release}
10
11Source0: https://github.com/trueroad/extractpdfmark/releases/download/v%{version}/%{name}-%{version}.tar.gz
12
13License: GPLv3+
14Group:   Applications/Publishing
15URL:     http://poppler.freedesktop.org/%{name}-%{version}.tar.xz
16
17BuildRequires: poppler-devel
18BuildRoot:  %{_tmppath}/%{name}-%{version}-root
19
20Vendor: Project Vine
21Distribution: Vine Linux
22
23
24%description
25When you create a PDF document using a TeX system,
26you may include many small PDF files in the main PDF file.
27It is common for each of those files to use the same fonts.
28
29If the small PDF files contain embedded font subsets,
30the TeX system includes them as-is in the main PDF.
31As a result, several subsets of the same font are embedded
32in the main PDF. It is not possible to remove the duplicates
33since they are different subsets. This vastly increases
34the size of the main PDF file.
35
36On the other hand, if the small PDF files contain embedded
37full font sets, the TeX system also includes all of them
38in the main PDF. This time, the main PDF contains duplicates
39of the same full sets of fonts.
40Therefore, Ghostscript can remove the duplicates.
41This may considerably reduce the main PDF-file's size.
42#'
43
44Finally, if the small PDF files contain some fonts
45that are not embedded, the TeX system outputs the main PDF file
46with some fonts missing. In this case, Ghostscript can embed
47the necessary fonts. It can significantly reduce the required
48disk size.
49
50Either way, when Ghostscript reads the main PDF produced
51by the TeX system and outputs the final PDF it does not
52preserve PDF page-mode and named-destinations etc.
53As a result, when you open the final PDF, it is not displayed
54correctly. Also, remote PDF links will not work.
55
56This program is able to extract page mode and named destinations
57as PDFmark from PDF. By using this you can get the small PDF
58files that have preserved them.
59
60%description -l ja
61TeX のようなシステムを使って PDF のドキュメントを作る場合、
62図としてたくさんの小さな PDF を用意して、メインの PDF に
63貼り付けるようなことが行われます。このとき、図の PDF では
64同じフォントを使っていることが多いと思います。
65
66図の PDF にフォントのサブセットが埋め込まれていた場合、
67TeX システムはそのフォントをそのままメインの PDF に埋め込みます。
68結果として、メイン PDF には重複した同じフォントの異なる
69サブセットが埋め込まれます。サブセットが異なるため重複した
70フォントを削除することはできません。
71よってメイン PDF のファイルサイズは、かなり大きくなってしまいます。
72
73一方、図の PDF にフォントをフルセットで埋め込んだ場合、
74TeX システムはフルセットのフォントをメインの PDF へ埋め込みます。
75メイン PDF にはたくさんの重複したフォントが埋め込まれますが、
76すべて同じフルセットのフォントです。そのため、Ghostscript
77を使えば重複を削除することができ、これによってメイン PDF
78のサイズを低減することができます。
79
80さらに、図の PDF に一切フォントを埋め込まなかった場合、
81TeX システムはフォントが欠けたメイン PDF を出力します。
82この場合、Ghostscript は必要なフォントを埋め込むことができるので、
83必要なディスク容量を劇的に減らすことができるようになります。
84
85いずれの方法でも、Ghostscript へ TeX システムの出力した
86メイン PDF を入力し、最終的な PDF を出力することになります。
87しかし、残念ながら、この処理で Ghostscript は PDF のページモードや
88リンクの宛先名を残してくれません。そのため、最終的な PDF は
89意図したとおりに開かれなかったり、リモートからのリンクが機能
90しなくなったりしてしまいます。
91
92Extract PDFmark は PDF からページモードやリンクの宛先名を抽出し、
93PDFmark として保存することができます。このツールを使うと、
94ページモードやリンク先名を残したまま、サイズの小さい PDF を得る
95ことができます。
96
97
98%prep
99%setup -q
100
101%build
102./autogen.sh
103%configure
104%{__make} %{?_smp_mflags}
105
106%install
107%{__rm} -rf ${RPM_BUILD_ROOT}
108%makeinstall
109%{__rm} -rf ${RPM_BUILD_ROOT}%{_docdir}/%{name}
110
111%clean
112%{__rm} -rf ${RPM_BUILD_ROOT}
113
114
115%files
116%defattr(-,root,root)
117%doc COPYING README.ja.md README.md
118%{_bindir}/
119%{_mandir}/man1/
120
121%changelog
122* Mon Oct 14 2019 Toshiaki Ara <ara_t@384.jp> 1.1.0-1
123- update to 1.1.0
124
125* Tue Jan 29 2019 Toshiaki Ara <ara_t@384.jp> 1.0.3-1
126- update to 1.0.3
127
128* Wed Jan 03 2018 Toshiaki Ara <ara_t@384.jp> 1.0.2-3
129- rebuild under poppler-0.61.1
130
131* Thu Nov 30 2017 Toshiaki Ara <ara_t@384.jp> 1.0.2-2
132- correct Group
133
134* Thu Nov 30 2017 Toshiaki Ara <ara_t@384.jp> 1.0.2-1
135- initial build for Vine Linux
136
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.